【評価基準】
★☆:ダウンロードして使う価値あり。
★☆:同様に価値ありですが要修正。
★☆:類似なしのベスト賞。

-

//

 

 

 

 

 

 

 

 

12-27

2006

www.kara-moon.com

今年最後になりそうですが、ちょい良さそうなものを紹介。上記ページの中段ぐらいからSoundFontがあります。
その他、SoundFont以外に、24bitで録音された鐘の音(WAV)や、VSTiの紹介等があり、要チェック。

BanjoLaJones.sf2
30MBを超えるバンジョーです。実に贅沢にリリースタイムを取り、素直な音色で録音されています。
音質的には良いのですが、あまりにゲインが低いのです。

EZsteel.sf2
スチール弦。ここの特徴でしょうか、これも贅沢なリリースタイム。ループで伸ばしているのではなく、実音です。
だから、弾いていても自然な共鳴がします。まあ、実際のギターではあり得ない音にもなりますが;
アルペジオで弾くと、とても奇麗でリアルな音色になります。

EZ12string.sf2
12弦。上記と同様に、リアルで奇麗なリリースタイム。良いです。

EZNylon.sf2
ナイロン弦。スチール弦のような、高域の奇麗な減衰というのは、ナイロン弦には無いのですね。
その点で、リアルなギター音色としては若干異なった傾向となります。使い方次第です。

Erans Nilsson Bass.sf2
ベース。実用的な音色ですが、これもゲイン低め。

 

11-21

2006

soundfont.nl

久々の新しいサイトです。一応、初ものを取り上げるつもりですが、既出があったらごめんなさい。
良いものでも、自分が使わないと、微妙に忘れてるので(^ ^;)

+orch_combo.sf2
まずは、オーケストラものを集めたSoundFont集で、どれも良質なもの。既存の寄せ集めではなく、元が同一みたいなバランスの良さもあります。このサイト内の個々のSoundFontを集めたようなものですが、全部ではないです。

woodwinds.sf2
上記とダブリますが、管楽器集。

celesta.sf2
似たようなものが多い音色ですが、これは中域に芯のある奇麗な音色です。

concerto.sf2
弦楽器、コントラバス〜ヴァイオリンまでを鍵盤上に配置。良品。
繋がりの連続性も問題なし。 サイズも2MBと小さいです。

marcato_strings_1.sf2
弦楽器、マルカート(marcato)は強調された音で、アタックのキレが良いです。

room_of_strings.sf2
SoundFontにはリバーブが付いてますが、残響のない部屋でノーマルに録音された弦楽器。
奇麗に録音されていて、貴重な音源です。

jaw_harp.sf2
これは初でしょう。口琴ってやつですね。ちょっとした味付けに使えますか。音質も良いです。

indian_ensemble.sf2
シタール等、数種類のセットもの。一部既出かも。録音も良く、かなりリアルです。

mandolin.sf2
ちゃんとマンドリンの音が出ています。トレモロもあって、録音も優秀。これも初でしょう。

 

11-13

2006

www.sf2midi.com/

Guitar Vince ('Fixed').sf2
ウィルス騒ぎは、いろいろ思い違いとかもあったようですが、これは大丈夫なようです。
しかし、それほどのものではないです。

Drum Turtle (2,003KB).sf2
太鼓です。ドラム・タムというより、太鼓。音質も良くて、使えます。
鍵盤上に割り振られていますが、音階ではなく、徐々に高低の変化をもたせたもので凝っていますね。
減衰も、けっこう長くとられています。 

Strings Ray's Orchestral (7,440K)
String Ensemble 1が奇麗に響いて良好。Crazy Stringsはいらないです。

 

10-16

2006


VST関連に忙しく、SoundFontを忘れたわけではなくて、量はあっても、取り上げる程のものが少ないのです。
シンセ系やループものは、よほどの事がない限り無用ですし。 

WestgateNylonGuitar.SF2
http://www.westgatestudios.com/free_stuff.htm
westgatestudios.comでフリーで配布されているgigファイルをSoundFontに変換したもので、とても質のよいものです。
下段URLが本家でgigを落とせます。デモ用として一部がフリーになっているもので数は少ないです。WG Percussion.も良い感じ。
Piano FX.は、弦を指でなぞったような効果音系なので、いらないか。
サイズの大きさは緻密なレイヤーです。

Pro Accoustic Kit_RED FIRE.SF2
力強いドラムセット、質的にも今までにないもので、使う価値があります。

Trumpet Muted Wah (892KB).sf2
通常のSoundFontでは不可能な奏法の数々。例もなく、貴重です。音もクリアーで良好。

 

9-27

2006

phorum.sf2midi.com/

200MBを超えるものが、
フォーラム内で、megaupload.comに置かれています。多分、期限付きでしょう。
開けてびっくり。

 

9-22

2006

TREVS-MANDOLIN 101.sf2
伸びのある減衰があり、単弦で、マンドリンの硬い感じはなく、奇麗な音です。
しかし、立ち上がりの音に若干の隙間(空白)があり、出音が遅れます。
これは要修正でしょう。それから、個々の音量のバラツキも若干あります。
個人録音のようで、仕方ないところですが、細部の修正がされれば優秀品。 

9-10

2006

cloches_final.SF2
鐘の音、色々ですが、ステレオ録音でリアル。鐘の音は、よく使い、好みなので、これは嬉しいです。

Drum Set By Ken Ardency (2,501KB).SF2
今日は膨大な数のDrum類がセット・単でアップされています。気になったものを取り上げます。
まず、これはセット。タイトな音質が気持ちよいです。

Drum Set GG GM Wet (5,911KB).SF2
ドラムセット、ハードロック系ではベスト。質感、迫力、申し分ない出来。
ハードロック系は、あまり興味がなく、使いたくなったのは、これが初めて。
汚れた音ではなく、録音も優秀。お薦め。 

Drum Set Real Acoustic (0,838KB).SF2
Real Acousticで、サイズは838kBと小さいが、一応、標準的に良いもの。
サイズごとに色々あるが、他は (1,551KB)

Drum Set Roland TD Ten Woody (7,000KB).sf2
ドラムセット。ジャンルを問わず使える優秀録音品。試聴用でも良く鳴ってくれそう。

Drums Acoustic Percussion (473KB).sf2
パーカッション。サイズからみてもチープだが、音の立ち上がりは良好。
敢えて、これを使うという場面は、あるかも。

Drums Bass Kicks (319KB).sf2
Drums Bass Kicks (344KB).sf2
キック一覧。これだけあると好みで選べる。キックはSoundFontの段階で、それほど音圧はないのだけど、
WAVトラックに録音してから加工するのがベスト。

Drums Bata (89KB).sf2
パーカッションとして使える場面はありそう。

Drums D Four (1,815KB).sf2
パーカッション。残念なのは個々の音が音階風にバラで配置してあり、ドラム配列でないこと。
なかなか良い録音。

Drums Latin (130KB).sf2
パーカッション。130kBと小さいけど良好。

Drums Percussion (763KB).sf2
パーカッション。これも良好。

 

8-25

2006

Keman.sf2
一聴してチューニングずれ的な音が、良い味を出しています。
音色同士の組合せではなく、ステレオサンプルの原音みたいです。
ストリングスというのは、音の揺れがあるからこそ、あの響きになるわけだけれど、意図的なのかどうか、揺れ・ズレが独特な響きになっています。気に入りました。
ただし、ループではないので、限られた使い方になるでしょう。

7-12

2006

 

mi bandoneon.sf2
バンドネオンはアコーディオンの一種。素朴な音色がよくでています。
タッチノイズのような音も入っていてリアル。良いです。
5MB近くありますが、1音ごとにサンプルをとって、丁寧に作られています。

 

7-8

2006

 

HornFrench v2.sf2
ホルンは、どちらかと言えば、スケール感があって、響かせるイメージがあり、既出のSoundFontも
多くは、その系統でした。
良質が一つあれば、それで済んでしまう音色の一つでもあります。
ところが、これは違います。ソロパートで心地よくメロディを歌ってくれそうな感じで、
今までとは違った優しい音色です。

060_Florestan_French_Horns.sf2
フレンチホルン、代表的なところで良質なものを。4MBほど。これ以上を望むことはないかも。

Eletigna Cuerdas Final Vienna version.SF2
実に多くのサンプル合成で作られています。当初のバージョンはViennaで再生できず、
milesが編集し直して再アップしたもののようです。
しかし、私の環境では正常な再生は出来ませんでした。旧Audigy+WindowsMEでは無理かも。
正常に再生されたとしても、私は、あまり必要性を感じませんが、個々のサンプル素材、
どういう形で作られているか、という興味はあります。

Optimal Upright Bass (16Mb).sf2
アコースティックベース。リアルな音色と奏法が組み合わされています。
以前に20MB以上というのが2回出ていますが、この16MBは音質が劣るわけではないので
これがベストかな。

Cuerdas 3.sf2
これも既出ですが、良い音になってきました。重圧な弦が、よく出ています。
しかし、これまた、旧Audigyのせいか、私の環境では再生音にダブリが出てしまいます。

Freeztar-Brazil Kit.SF2
パーカッションはいくつあっても大歓迎。太鼓の音が良いなあ;良品です。お薦め。
11MB程あるので、好みで抽出か、カットも有効な手段。 

 

7-2

2006

www.sf2midi.com/

JV-2080 v10 D50 Stack.sf2
シンセは、VSTシンセで簡単に作れるものは価値が無いが、これは独特な音質を持っています。
ステレオサンプルですが、PAN設定がゼロ(中央なのでモノラル)になっているので修正が必要。
シンセ系は、多くのマルチポイントを必要としないので、徹底してダイエットしたら、4MBが686KBまで縮小できました。

JV-2080 v10 House String.sf2
JV-2080の質の良さが解る。シンセストリングスは、安っぽくなりがちですが、上品な音です。

JV-2080 v10 Techno Pizz.sf2
生音のPizzicartoとは違うのが良いところ。芯のある音色。

MicrowaveXT_Space_Age_SKY.sf2
持続音のシンセは、サイズも大きくなり、SoundFontとしての価値は少ない。やはりVSTシンセを使いたい。

Orchestral Strings part 1 + 2.SF2
アタックのある良質strings。サイズは12MBと大きい。やや、オンマイクのstringsとして使い分けると良いかな。

Xpander_ClassicFilter_SKY.sf2
よくできているが、シンセ音としては40MBを超えるもので、サイズが大きすぎます。
どうしてもSoundFontだけでシンセを使いたい、という人以外には薦めません。

Violins Duet.SF2
2種類のヴァイオリンを合成したもので、サイズは20MBを超える大きなものですが、良くできています。
波形を見ると、楕円形、つまり音量が徐々に上がり、減衰する。これが歌い上げるという情感に適しているので、
ソロパートとしては重宝するかもしれません。私的に好み。

076_Pan Flute (HSD).sf2
パンフルートの質感、空気音がよくでた優秀品です。お薦め。

 

 

5-29

2006

http://www.homemusician.net/

Forum/277720で、2isさんに教えてもらったお薦めから。
久しぶりに、良品が揃っています。

142_Oboe_Stereo.sf2
良いです。今、自分が使っているもの(43KB)と、音色も似ていて、同じものか?と比べたら別物。
私が使っているのは、モノラルで、わりと音の元気が良く前へ出るものですが、これはステレオで
ビブラート付。サイズは4MB。繊細さもあり、なかなか歌えるのではと思います。

Natural_Oboe.sf2
921KB、小さいですが、私用の43kbには、かなわない;、ちょっと硬めの音質です。

463_Trumpet.sf2
サイズも1.5MBながら数種類の奏法が入って、優秀品。

1115_English_Horn_2.sf2
2MBほどですが、これも多くの種類が入っています。基本的には同系の音色ですが、面白いです。
音質も良く、好みで抜き出して使うのもよいでしょう。

314_Good_flute.sf2
柔らかい音で、良い音ですが、やや右よりにパンしています。これは設定値ではなく、
ステレオ音源そのもので右よりなので、どうしようもなく、ちと残念。

Campbells_Steel_Xylophone.sf2
なかなか硬質で、存在感のある音です。

Campbells_Wooden_Xylophone.sf2
優秀。これは質感も抜群です。Xylophoneは、どちらかというと、アタックのみになりがちですが、
音のリアルさもあって、この味が全体のアンサンブルと溶け合う感じがします。
サイズも147KB、私的SoundFontを、これと差し替えです。

Campbells_Grand_Xylophone.sf2
このCampbellsは、上記も含めて、自分で聞いてみるのが一番。
良い感触です。

 

5-19

2006

www.sf2midi.com/

Bornowski Steel Gtr v2.sf2
立ち上がりの鋭い音で、良好です。リリースタイムも、殆どない状態なので、早い動きにも適しています。
ギターという楽器にこだわらず、音色として発想すると面白いかもしれません。

HARPsonido.SF2
多くの種類が入っていますが、基本的に同一音色。フィルター等の変化。
ハープとしては、とても長いリリースタイムで、6MBの大部分がこれ。
そのせいで、独特な響きがでて、メロディーパートでも使えるでしょう。

 

5-6

2006

www.sf2midi.com/

BANDOLEON.sf2
きれいな音ですが、サンプリングそれぞれの音が、かなりバラついているのがマイナス。

Strings (solo).sf2
デキとしては中程度ですが、素直な音色です。
単体でバイオリン、チェロ、コントラバス、ハープ。

Keyboard.sf2
質の良い、チェンバロとクラビ。チェンバロ(ハープシコード)は繊細で、良い感じです。
鍵盤位置によるパンは、いらないのだけど。

Winds.sf2
フルート、オーボエ、バスーン、クラリネット、バスクラリネット、という種類ですが、
フルートは明らかにオマケで付けたようで他とは質が違い、よくないです。
それ以外は、p、m、f 等、と別々に分けられていますが、あまり変化が無いのが残念。
音質は良く、流れも優秀。

Brass (solo).sf2
管楽器類が多く入っています。全体的に軽い音。30〜60MB程度のセットものによくありそうな音色です。

 

4-17

2006

www.sf2midi.com/

TripleS Cflute.SF2
フルートは、音域による変化も少なく、良いものが多いですが、これは、その中でも優秀品。
吹く事による空気ノイズが、とても良い感触で録音されています。
流れもよく、表現力も良好な感じになりそうです。

 

4-14

2006

www.sf2midi.com/

TripleS-EngH-mf-NoVib.SF2
mpもあるようで、レイヤー分けのようです。素直な音色で良好。
残響なしだと、部屋鳴りが、あまり良くはないのですが、リバーブを付ければわかりません。

CleanGuitar.sf2
どちらかというと、高域が良好。録音のやりかたでしょうか。
クリーンギターで、高域優先設定という場面では働いてくれそうです。
中低域をきざむのには、ちと軽いかも。

The Sound Exchange Harp.sf2
音が伸び切らない、モコモコした音で、あまり使う気にはなれません。

Violinlongloud.SF2
バイオリン、モノラルですが録音は良いです。スタッカート気味に使うには良いけど、
なめらかな流れは、得意ではなさそう。

 

3-30

2006

www.sf2midi.com/

TripleS-EngHorn-P.SF2
リアルな録音で、とても良いです。サイズが40MBを超えるという大きさですが、ループではなく、長い持続音のため。
カットして、ループ化すれば、大幅縮小は可能ですが、このリアルさ、というのは音のユレも含んでいるので、このまま使うのがベストでしょう。

Khatru's Acordeon.sf2
10MBほどのアコーディオン。あまり魅力的な録音ではないです。
キー配列で、明らかに音色が変わるのは意図的?とも思えないし。

Jazzs Scat.sf2khatru's Jazz Scat.sf2
ヴォイスものとしては面白いです。タッチセンスで音色分けされています。
すぐにネタバレするクセがあるものは使い辛いですが。
どちらも同じものですが、後者は音色別があり。

 

3-21

2006

www.sf2midi.com/

Studio FG460s II Final Pack.SF2
フォーラムで教えていただき、早々落としてみましたが、ギター(スチール)の優秀品です。
ボディを叩く音やピッキングノイズ等、細やかな音色配慮が有り難いところ。
60種類の音色が並んでいて驚かされますが、あまり代わり映えするものではなく、少々やりすぎか。
ソフトという名でアタックを甘くしたようなのはいらないです。
コードやミュートでの音色は貴重、持っている価値は十分あります。

jackson_distortion_guitar.sf2
ディストーションギター。好みの別れる領域かもしれません。
ギター+アンプの特徴か、定番の迫力を求めるのか、素直に音質重視か。
このSoundFontは、エフェクターとしてのディストーションをきれいに録っている感じ。
ディストーションによるノイズ成分が、けっこう心地良くて、個人的に気に入りました。
シンセとギターの中間みたいな音色を探していたのでMy SoundFontに追加^^。
サイズは17MBほど、これはループではなく長いリリースのため。
編集カットでループにしたら、僅か2MB程になりました。

Marce French Horns.SF2
ホルン。センターにアタック、左に持続音という操作があり、要リバーブ。
素で聴くと違和感ありますが、残響に埋もれるとリアルさがでます。
そのへんで使いどころを選ぶとよいかも。

violins 0.0.1.SF2
ヴァイオリン単ではなく、ストリングス。
大きな残響を付けず、小ホール的に響きの良いものです。
ただ、この手の音色は、どうしても大きくなります(20MB)

SopranoSax.sf2
実に生々しい優秀な音色ですが、マイクの質感かなあ、ちょい軽く、硬いのです。
アンサンブル全体の中で、どうなるかですが。

Sharle'sSopranoSax.SF2
やや、立ち上がりの遅いおとなしいソプラノサックス。
問題は、何を思ったかエンベロープを操作しているので、鍵盤から離れた瞬間音程が不安定。

MixedStringEnsemble.sf2
組合せストリングス。良く出来ている方ですが、あまりこういうのは好きじゃないのですねえ。

Violin_pp_(kromm).SF2
ただ一言、貧弱。 

3-13

2006

www.sf2midi.com/forum

sf2-midiのフォーラム内に(I find good sf2)とあり、直リンクが貼ってあります。
解凍すると600MBを超すSoundFont集で(セットものではない)、これがとんでもないもの。
抜群のクォリティで、ストリングスやベース、ギター等が入っています。
サイトでもリンクで繋がっていなくて、どういう経緯なのか不明。

 

3-6

2006

www.sf2midi.com/

1-Brass_1.sf2
ブラスなのですが、これは音源がブラスとして録音されたものではなく、
個別にトランペット、トロンボーン、サックスを組み合わせて作られています。
この中のトロンボーンの音がとても良く、単体として使いたいぐらいです。
それぞれ音源は優秀なのですが、合成されたブラス音は、何だかシンセブラスのように聞えます。
それは、それでよいかもしれませんが。個人的には単体で注目。

Oboe.sf2
良い音で録れています。録音された部屋の残響があります。
本当なら印を付けてもよい音源なのですが、何かが気に入らないのです。
オーボエ自体(楽器本体)の質かなあ。

Synth XXL Killer Voices (12,330KB).sf2
シンセヴォイス集。あまり実用的なものはないです。色んな音色をということで、
つい、作り過ぎてしまう感じかなあ。(000-30 31)だけは良し。

 

3-3

2006

shansoundfont

Equinox Grand Pianos.sf2
90MBのピアノ( Steinway D & a Yamaha C7)。 
持っていて損のない優秀な音源。びっくりするほど目新しい感触はないですが、
それだけ完成された質の良さがあります。
SteinwayとYamahaの違いも、よくでています。
全体的におとなしめで、フォルテの荒々しさはないです。
回線状況で、途中エラーになる場合がありますが、何度かやれば落とせます。

2007年、配布終了か。 

3-2

2006

www.sf2midi.com/

Bass Al Funk (5,392KB).sf2
Funk という言葉から想像する、その音。何が良いかというと、高域の弦を弾く音がリアル。

Bass Slap Thumbs.sf2
まるで、↑上記を引き立たせるためにあるような;;違いがわかります。

's Finger (6,301KB).sf2
何種類も入っていて、選べるのはよいですが、ベースとしての音圧はナシ。

Bass Pedulla (9,308KB).sf2
これも薄味。アタック部分に差があったりするのはマイナス。

Bass Serrano Arial ProII Fretless Slap 01 JS (3,432KB).sf2
奏法的なものも含めて、色んな種類があって貴重な部類。
音圧はそれ程ナシ。どうしてもアタック部分の音が強調され、その裏にある低域が出ていない。
まあ、EQ修正すればということもあるけど。

Bass XXL Killer String 1〜5 (10,042KB).sf2
シンセベース。感触良好なもの多数あり。これだけあれば、好みのシンセベースはOKでしょう。
なんでkiller stringなのかは、解りません;

all voices.sf2
ヴォイスサンプルとしては良好。アンサンブル中でも沈まないだろうし、
使える音がみつかるでしょう。

 

3-1

2006

www.sf2midi.com/

Ethnic Drum Bodhran (1,611KB).sf2
太鼓ですね。ちょっと大きめで低域担当という感じ。
雰囲気が、よくでていて良好。

Ethnic Oud (480KB).sf2
これも雰囲気良好。サイズは少ないけどポイントをとらえているのでしょう。
独特の音色です。Oudとはこんな楽器のようです。

Ethnic Quena Renatos (291KB).sf2
ケーナの素朴な音色は、奏法によるところもあり、SoundFontでは難しい部類です。
これは、音質的に劣ります。

Ethnic Santur Two TRB (127KB).sf2
小さいサイズながら音量もあって特徴がでています。
サントゥールは弦を叩く楽器なので、立ち上がりの良さが必要。
これは派手すぎるぐらい明るい音色です。

strings - alias richy prod.sf2
40MBを超える大きさでstrings、シンセ系、フレーズ等。しかし、音階になっていないので、
効果音的な意図でしょうか。音楽用として使えるものではないです。

 

2-20

2006

www.sf2midi.com/

violin_sordino.sf2
大そうな注意書で期待してみるも、あまり実用的なものではないか。
con sordino(コン・ソルディーノ)。弱音器を付けたヴァイオリン。
そのまんま、弱い音というだけで、何か使えるかな?

drums_ken_ardency.sf2
11MBほどのドラムセット。生ドラムの立ち上がりの良さ、シャープな感じがよくでていて良品。

SampleSmith_Free_G1-v1.sf2
生ギター、スチール弦。音質優秀。ただ、スチールの良品は、けっこう出ていて、
簡単には星印は付けられないところですが、これはミュートが珍しいので。
貴重な音源です。

 

2-3

2006

www.sf2midi.com/

Shekeres.sf2
ひょうたんの回りにビーズとかあるやつ?だいたい想像はつくと思いますが。
叩く、擦れるという感じで音が出ます。
音質もよく、珍しいものでもあるので貴重ですね。

TocaMiniDjembe.sf2
これもパーカッションですが、こちらは、ひょうたんというより日本の鼓を半分にして、大きくしたような形態
音質、質感、優秀です。

 

fh-merseburg.de

ConcertGM0.97test3.sf2
セットもの、解凍すると300MBという大物ですが、Crisisより良いかも。
順番に音を鳴らしてみると、なかなか良い感触。バランスも良さそう。
かと思うと、所々でチューニングがずれたような音。これは、数種類の音色を組み合わせている場合によくあるのですが、理由は不明です。自分で作っている場合でも、よくあり、一度消してから、もう一度インポートすると直ったり。
違う環境の人では正常に再生できるのかもしれません。
French Horns等は最高の部類、ギター類は少し劣るかな。
ストリングスは、イマイチ。管楽器類は、かなりベストですが私の環境では上記ズレが起ります。
ドラム類も上質ですが、タイトルにテストとあるように、数種類あるのは全部同じもの。
うまく完成すれば、試聴用としてはベストのものになるかもしれません。

 

1-18

2006

ts-central.com

このページは2004/2005で既出があります。

ClavinovaMusette.sf2
小さなバグパイプのようです。アコーディオンのような音。3MB程。
実に響きが良くて、音楽的です。

ClavinovaPanFlute.sf2
良い音色です。ビブラート付は珍しいかな。

ClavinovaSopranoSax.sf2
やわらかい音のソプラノサックス。立ち上がりが緩いぶん甘い音色ですね。
曲調によって使い分ければ貴重な存在です。

Roland64VoicePiano.sf2
ちょっと硬い感触があります。サイズが7MB弱としては、まあまあ。

RolandBassClarinet.sf2
文句なし。優秀品。サイズも1MBと小さいのが信じられません。

RolandBassoon.sf2
これまた1MB程で、この音色。優秀です。

RolandChurchBells.sf2
独特なベル(鐘)の音。3MBほどで、減衰は大きくはないですが、なかなか良い感触。

RolandSuperTenor.sf2
2MB以下。優秀。

RolandTrombone.sf2
3.5MBほど。これは、所々変な音になります。要修正。
そこそこ優秀な音ですが、トロンボーンは難しいなあ。

RolandTrumpet1.sf2
オーソドックスなトランペットとして確実な音?欠点が少ないです。

 

www.sf2midi.com/

Jazz Piano.sf2
116MBのピアノ。また優秀品の登場です。なるほど、ジャズピアノですか。
適用範囲は多いと思います。
フォルテでも煩くならず、柔らかい音から硬質な音へと変化します。
この辺が好みと曲調で使い分けもできるでしょう。

Violin.sf2
すごい良い音というほどでもなく、まあまあなのですが、
妙に横の繋がりのスムースな音です。

Raul, IdareU-violin.SF2
これもヴァイオリンですが、鍵盤を離した時に音が変化します。特殊な使い方でしょう。
今までにないSoundFontです。

 

1-15

2006

www.bismutnetwork.com

Crisis 3.0です。
Crisisというと、Titanic等と並ぶ巨大SoundFontの一つとして古くから知られていましたが、評価はイマイチでした。
満を持してのヴァージョンアップですが、問題児の登場です。
DLファイルは8分割された約600MBという大きさ。回線速度遅し。一昼夜を要しました。(ADSL)
勿論、圧縮されています。この時点でいったいどれだけの大きさなのか。

圧縮はRAR。分割ファイルなので、面倒です。解凍ソフトの種類・バージョンにより手順が異なると思います。
解凍にはパスワードが必要です。サイトのフォーラムから登録し、返信されたメールにパスがあります。

解凍ソフト、LHAユーティリティ32だと、最初のファイルを解凍すると自動で他も、まとめられるようです。
出来るのが、sfpack、もう一度解凍です。

これでようやくSoundFontファイルになります。
サイズは、え!、そんなわけないだろうって、暴走したかと思い再起動。
しかし、やっぱり、1.5GBあります!驚き。

Viennaで開いてみると、まず、ピアノがメモリ不足で再生不能;;ピアノだけで200MB近くありました。
その他の音源は、なんとか鳴らせる事ができましたが、以前のCrisisとは違うものが多く、
それぞれの出所は。ここで表記されています。
音色は、なる程、という繊細なものがありますが、とても完成品とは言えないものが多いです。
ほとんどがステレオですが、妙なpanがあって、左右どちらかした音が出ないものあり。
アタックと持続音がレイヤーで別れているのも多く、これまた不自然なpanで分けられていたりします。
電気ギター類は、とても使えない音。ドラムは普通。
元々の質は良いのですが、SoundFontとしてのバランスはイマイチ。

2006年2月、Crisis 3.01が出ました。基本的な問題は改善されず。
私の環境では相変わらずチューニングズレが起ります。
アタックと持続音の分割も、そのまま。

 

1-12

2006

www.sf2midi.com/

Tranquil Piano.sf2
7MBのピアノですが、普通ではありません。残響が凄い。これがReverbではなく、
サンプルそのものにある残響で、きらびやか。一聴の価値ありです。

DiG 〜.SF2
特別なものではなく、製作用としても個別にする意味は薄いかな。

 

www.lyd-teknik.dk

12-string.sf2
12弦ギターとしては最高の47MB。www.mymidi.ruにあった12弦が1.4MBですから。
音質は優秀。サイズが大きいだけのことはあります。コードを弾いたものまであって面白いです。

 

1-11

2006

www.sf2midi.com/

Emu Band.SF2
質の良いパーカッションは、いくらでも欲しいです(^ ^;)
これも良質。今までにない音もあって、いろいろ抜き出してみようかと。
また、自家用SoundFontのサイズが増えてしまうぅ。

Campbells_Verby_Vocal.sf2
なかなか良いですが、発音が、イーだかヨーだかで、アーでもウーでもないのが珍しいです。
その点、使い辛いので要修正というとこでしょうか。

Campbells Voice.SF2
ノーマルな単音ヴォイス。Reverb100%。モノになったりステレオになったりで、これも修正が必要。

CUERDAS (string ensemble).sf2
多少、アタック感のあるstrings。

Cuerdas (string ensemble)Spiccato.SF2
更にアタックの強いものだが、すごいヒスノイズ付で使えない。

dbkv21.sf2
11MBほどのドラムセット。スネアが好みではない。サイズ的には標準。

 

1-10

2006

www.sf2midi.com/

Kingston Piano mk II.SF2
5MBのピアノ。私が使っているのとサイズ・容量・音色とで似ている。
やや線が細い分、繊細感もあって良好。汎用として使える良品です。

Piano Maganda (26,893KB).sf2
23MB程のピアノ。これまた優秀です。もちろん、5MBとの比較ではなく、20MBクラスの比較。
芯のある、しっかりした音です。アンサンブルの中で埋もれないという点で、とても良いのですが、
どこまで表現力を求めるかで、5MBとの違いが出てくるでしょう。
実質的には5MBで十分な気もするのですが。
Reverb100%なので要注意。

Digitally voiced steinway.sf2
こちらは、ややサイズが増えて30MBのピアノ。段々良くなるか、というと残念ながら、そうでもなくて。
立ち上がりの音が、ふやけていて減点。減衰もきれいでなく減点。音質もイマイチ。
サンプルとしての悪い面を全部出してしまったようです。

Campbells_Harpischord_tuned_1.SF2
10MB弱のハープシコード。音質的には良好ですが、やや高域の強調された音で、繊細さより力強さという感じ。
惚れ込む程の音質ではないし、汎用で使うには大きいサイズ。
WAV編集のEQ加工とか、若干サイズを減らしたりとか考えてみるのもよし。

 

1-9

2006

TOP

www.sf2midi.com/

saz.SF2
民族楽器のサズ。3コースで7弦という変わったもの(3/2/2)らしいです。
音質、音色、質感、どれも良くて優秀です。

Atremio Acoustic Drum Kit.sf2
Emelio Acoustic Drum Kit.sf2
E-MU SP-12.sf2

音色それぞれがバラでセットされている。スネアをスネアとして使わず、キックをキックとして使わず、
ちょっとフィルターで加工して、呼吸させる。という意味で実用的。

Fairlight CM II Drum Kit.sf2
思ったよりクリアな音質。ただ、パーカッション類をループにする意味が分からないです;;

Kawai RRRR.SF2
ノーマルなピアノですが、弱音から強への音色変化が大きく違和感があります。

Korg MP-7 Analogue Drum Machine.sf2
良い感触の音あり。

ARP Odyssey 1.sf2
アナログシンセの香いが良く出ています。旨味あり。ループをとってカットすれば減量可能。

Ensoniq ASR-10 Jazz Drum Kit.sf2
音源はバラ。音の感触がとても良い。個々の音色でパーカッシブなトラックを組み立てるのもよいかな。

greekLaouto.SF2/greekMandolino.SF2/greekTambouras.SF2
音質悪く、減衰もカットされて苦しい。

Guitar Set.sf2
50MB以上というサイズですが、イマイチ。Clean_Vibratoという音色は面白いです。

Kurzweil K2000 Big Band Horns.sf2
音は良いけど、響きが汚いなあ。

Moog Voyager Pocket Bass.sf2
いくつか音色が入っている中で、ちょいとこもったVygr Pocket Bs A4が良いです。
Moogの質感。

Steinway Piano.sf2
880kBのピアノ。LoFi的な良さもなく、これはだめ。

 

 

Today's Sound Font、→2005

TOP

Today's SoundFont 
2007.1/9 514