【評価基準】
★☆:ダウンロードして使う価値あり。
★☆:同様に価値ありですが要修正。
★☆:類似なしのベスト賞。

 

-

//

 

 

 

 

 

 

 

2005-1(January) | 05-2(February) | 05-3(March-June| 05-4(July-September) | 05-5(October-December)

2-28

2005

FAIRLIGHT CMI

SoundFontではないけど、Freeのサウンドライブラリーということで、FAIRLIGHT CMI。
(Awave Studioでsf2に変換可能AKP→SF2)
FAIRLIGHT CMI(ふぇあらいと しーえむあい)というのは、サンプラーの元祖ですが、サンプリングマシンというより、サンプルを素材として波形が編集できるもの、その過程でサンプリングというのがクローズアップされました。
当時(1979〜)一千万円以上する高価なものでしたが、CPUは8ビットで、今聴くとさすがにショボイ音です。
でも、当時は画期的なマシンだったのですねえ。
日本でも裕福なプロが何人か買ったようで、あのナウシカでも使われていたとか。
さすがに、すべてをこれでやるのではなく、ワンポイントとして使われる事が多かったようです。
値段と時代の香りを正味しつつ、SoundFontの有り難みを、思い知りましょう。 

2-24

2005

http://soushi-tamago.hp.infoseek.co.jp/

たまごさんが、ピアノのSoundFontを公開しました。
150MBほどになる、高レベルSoundFontの一つで、とても優秀です。
ピアノとしての音色が良く、繊細でヌケの良いものなので、使用頻度は高くなりそうです。

※サーバー転送量の問題で、残念ながら短期終了となりました。(2005年2月25日)

 

http://www.sf2midi.com/

E.Piano - Roland U20.sf2
音色は、とても良いのですが、リリースが深すぎ。それも、個々のサンプルに設定してあって、直すのも不便。
どうせやるなら、グローバルゾーンで設定してほしいですが、それ以前の問題か。
E.Piano1は2つの音色がうまく合成されていて、修正すれば使える範囲。

BERSIL_HR_BONGOS.SF2
1.8MB、以前に、あったような気もするけど、標準的な優秀必需品という感じで。

Analog Bass.sf2
ノーマルな使える汎用品。高域はいらないので、カットすれば600KB。

Dance Wave.sf2
シンセ音として使える範囲。リリースをカット。サイズも半分以下にカット。

2-18

2005

http://www.projectsam.com/sampledemos.html/リンク切れです。

SAM Various Percussion
GIGのデモが落とせます。GIGは質の良いものが多いので、要チェック。
メール入力後に、先へ進むわけですが、IDやPASSの必要は無いので、出鱈目でも進みます(^ ^;)
Awave Studioでsf2に変換できますが、制限があって、20fileまでの保存みたいです。
そんな場合はあきらめて、アンインストールなわけですが、レジストリに痕跡が残ります。
こういうのが増えるとレジストリが肥大化し起動が遅くなる等の弊害もあるので、掃除します。
レジストリ起動後、【Awave Studio 9】で検索すると見つかるでしょう。

このGIGdemoですが、いろいろ断片的なものが多いようで、いかにもサンプル的。
とは言え、かなり質が良く、なかでも、このパーカッションは良いです。 

 

http://www.sf2midi.com/

FluidR3 GM.SF2が出ていますが、既存のものでしょう。サイズが同じなので。

Concert piano, grand piano(mmalmsjo.sf2)
最近、ピアノが多いですが、これまた優秀なもので190MB!
それぞれ微妙に質が違うので、面白いところです。
優秀なピアノは多くありますが、音質の優秀さではベスト。

2-14

2005

http://www.sf2midi.com/

Benney's XP-10 Steel Guitar 02 s
GIGのguitar_steel.rar 18.5mb Sustains と比べると、明らかに劣ります。 

2-12

2005

http://www.papelmedia.de/

Papelmedia_Strings_1.sf2
毎月の新しいSoundFontは無くなったんですかね。最近忘れていて、ふと行ってみたら無いようで。
このStringsは、アタック感も持続系も良しですね。

http://www.sf2midi.com/

COSMIC.SF2
効果音的な宇宙ですか。案外、実用的なんですねこれが。
一応、ステレオサンプルですが、ほとんど同じ音で広がり無し、これは、この手のものとしては致命的。
そこで、左サンプル(WAV)だけ最初にほんの僅か無音部分を追加。これでぐっと音が広がり、宇宙的。
奏法は、出鱈目に近く鍵盤を連打します;;

Em310 Strings.sf2
うーん、ごくごく普通のスローストリングス。

BAMBOOMARIMBA.SF2
シンセのマリンバですか。案外使えるかも。

Humpback___whales.SF2
何か動物の鳴き声。効果音でしょうね。

ZSF UOI Grand Piano (1).sf2
フォーラムから辿ってXdriveからという変則で。おまけにXdriveへ入らないと(ログイン)落とせない。
更にXdriveでの仕様が分かり辛い、という過酷なもの?ですが、UOIの優秀サンプル使用ですから。

Xdriveへログインしたら「ZSF UOI Grand Piano.sfpack」で検索かけ、クリック→自分のフォルダーへ、その後、自分のページからダウンロードという過程です。

 

2-12

2005

http://www.westgatestudios.com/free.htm

GIGのFree。(Awave Studio(demoで可能)等でsf2に変換できます)
AwaveStudio demoでは1音色の変換しかできないので、複数ある場合は他を削除して1音色にしてから保存。
DL速度が遅いのが難点。

Auxiliary Percussion
wg_percussion.rar 18.2mb

SoundFontでも、わりとよく聴く音色ですが、43MBと大きくレイヤー付です。
ひょっとすると、これがオリジナル?
繊細で優秀。

Acoustic Guitar (nylon)
guitar_nylon.rar 11.6mb

ナイロン弦では最高の部類でしょうか。
解凍すると36MBほど。リリースタイムがかなり長いです;
ということで短縮版作るしかないですねえ。

で、その修正経過ですが、リリースは半分にして問題なし。立ち上がり部分に若干の空白があるので削除。
これでピタっと発音が決まります。ただし、弦楽器を弾く瞬間のノイズ等は楽器特有のものであったりするので、要注意です。
E1_mfはピックの摺れる音がある例ですが、これはバランス的にはカット、リアルな揺らぎの範囲として残すのもよし。私はカットしました。
アンサンブルの中では消えてしまう場合が多いので、どちらをとるかという選択でもあります。
長さをカットしたら、終端部分のフェードアウトは必要。プチノイズが最後に付く場合があります。
短縮調整版は約22MBになりました。
※A3、B3にルートキー設定ミスあり。
※ギターという楽器はチューニングのズレが簡単に起ります。このSoundFontでも録音時の調整不足なのか、ファインチューニングで調整していますが、まだ不安定なところがあります。録音の時にしっかりとやらないとダメですねえ。

Acoustic Guitar (steel)
guitar_steel.rar 18.5mb Sustains (4 velocities)

こちらはスチール弦。同様に最高です。生ギターに関してはこの2つで決まり。しかし、80MB超えてます。ナイロンと、どう違うのか;

wg_piano_fx.rar 12.3mb download
Upand Down Open string glissandi (3 speeds)
ピアノの弦を直接グリッサンド?、ちょっと期待はずれでしたが、使う用途があれば。

 

2-8

2005

http://www.sf2midi.com/

MIS Piano mf LT v2.sf2
アイオワ大学でのサンプル(MIS)によるピアノが出ていました。初出は2004年10月。
作者は、SRX-2 Grand 2のawnztさんのようです。
約40MB。かなり減衰部を切っていますが、違和感なし。
ノーマライズ、ノイズリダクションもかけているようで、凝った作りです。
原音と比べると、ノイズカットのせいで高域部分が削られ、その分、甘い音になっています。
原音は、ヒスノイズがあるので、これをどれくらい取るかで音質が変ってきます。
また、ステレオサンプルの左右で若干バランスが悪く、PANが揺れるのですが、
これはノーマライズのピークレベルの取り方かな〜。難しいところです。
優秀なSoundFontに間違いなく、これにppとffを加えると完成でしょうか。

最低音にちとミスがあり、音程ズレの修正ファイルです。

Modeled Rhodes.SF2
レイヤーのあるRhodesは珍しいというか、ここでは初めて。連続して強打するとRhodesとは思えない音(^ ^;)
使われ方がワンパターン化してる面もあるRhodesですが、再認識。

2-7

2005

http://www.soundfonts.it/

198-VL-1 wurlitzer VS.sf2
15MB、wurlitzerの特徴がよくでていて良いです。この中のWurly Darkがステレオサンプルで、渋い音色が良いです。
アンサンブルの中ではどうなるかですが、うまく使いたいところ。

198-DX7 wurly APS.sf2
10MB、これもwurlitzer系の音。DX7で作ったのでしょうか。DX7くささはなく、良くできています。
上記より輪郭のはっきりした音色。好みで使い分け。

198-D10 L.A. piano.sf2
ピアノですが、263KBしかありません。巨大ピアノの対極にあるチープなピアノ。
これが良いのです。好みですが、耳に心地よいのです。シンセでは作れない音だし。
MP3にしてこそ生きてくる、存在感みたいなものでしょうか。賛同は求めませんが(笑)

198-Dsix magic 20.9 MB.sf2
クラビ系の音がいくつか。わりとよくある音色。

198-Moviepiano.sf2
ハデにブチ壊れたような音色。効果音系かしら?

198-Prophet Piano VS.sf2
シンセピアノ。エレピ系としても、あまり魅力はないです。

198-Rhodes VS extreme.sf2/5-rhodes3.sf2
Rhodesとしては、あまり良いできではないです。

198-TekPiano.sf2
軽い金属的な音色のエレピって感じ。個性的です。(Yamaha SY85)

361-Electric Piano Verby.SF2
よくあるエレピで個性はなし。

E-15_Piano.SF2
YAMAHAエレピ系でしょうか。1MB程度で、ちとノイズっぽいかな。

 

2-5

2005

http://www.sf2midi.com/

UoISopSax_nv.sf2
22MB、リアルです。これは、アイオワ大学録音されたサンプルのようです。
この大学、Macで独自の録音をやっているようで、サイトをみるとAIFFで公開されています。
ピアノもたくさんのAIFFがあって、組み上げると凄い音になりそうです。
いくつか落として聴いてみると、サンプリング用に編集されていないものもあって、無音状態の後に音が出るのもあります。誰かがSoundFont化するのを待ちますか;

UoITrumpet nv.sf2
こちらは、それほどでもない出来。トランペットは難しいですが、SoundFont化のミスもあるようで、でない音あり。
その後、修正版がアップされ(2/9)不具合はなくなったようです。
SoundFont化は完璧なのですが、ffでの録音が、ちょっと強め程度の音なので迫力が無いのです。
私の場合、Trumpetはアクセントの要である使い方が多いので、ちと問題です。
静かな曲には良いかもしれませんが。

Axed.SF2
ギターのフレーズ集。これはパス;

旧http://www.emusicmag.com/

homemusician.net/

1-FantasyPiano.sf2
ピアノ以外に多くの音色を入れて失敗しています;

2-5

2005

.http://star.kakiko.com/soundfont1/

280MBの巨大SoundFontです。
わりとあっさり聞き流してstringsだけ取り上げたりだったので、少しだけ詳しく覗いてみました。
(Ver2/2005/02/5)になったようですが、相変わらずパンフルートの不具合はそのまま。
その他、Electone Piano:高域でPANが右側になってしまう。Harpsichord:〃
Pizzicato Stringsが何故かスタッカート版に。
Tuba、Muted Trumpetなどは、ちと手を抜いた音。
stringsのサンプルは優秀だけど要修正。
優秀なMarimba、Tremolo StringsはTitanicと同じもの、等々。

バランスという点でも、音量の違いや、リバーブの有無などかなりバラツキが目立ちました。
バランスを整えるのは、面倒な作業ですが、それができれば、かなり違ってきそう。
MIDI再生については控えておきます。個々の音色を聴いて(弾いて)るだけで、MIDI試聴はしてませんので。

※その後(2005-2-9)バージョンアップされ、上記不具合も修正されたようです。
後はString SlowEnsembleのフィルターが問題ですが、全体的に良質なSoundFontを集めたものであり
いろいろ他のものと比較すると面白いでしょう。
 

2-3

2005

worrasplace.com

GIGのFreeが落とせます。Awave Studio(demoで可能)等でsf2に変換できます。
他に無い変わり種としては以下が面白かったです。
brushkit.gig
BoyChoir.gig

http://www.westgatestudios.com/free.htm

2-1

2005

http://www.sf2midi.com/

Piano Giga Steinway B (17169KB)
17MBというのは、ピアノとしては小さい方ですが、優秀な方でしょう。セット物に入れるには良いサイズです。
emusicmag.comにある1-Giga piano は同じもの。

SRX-2 Grand 2 layer.sf2
こちらは40MB、上記を繊細にしたような感じ。ソロでも十分に使えるし、なによりピアノとしての音質が好みです。
このSoundFontはアップ時の容量の関係で、3レイヤーのffが別となっています。(作者の方に教えてもらいました)
SRX-2 Grand 3 layer high vel add
↑これを加えて60MBが完成します。

FX RHYTHM 2.sf2
効果音的な音がいろいろ入っていて、リズム・パーカッションとして使えます。
この手のものは大好きで、有り難いです。

BDLutes MusicBox.SF2
MusicBoxですが、高域がきれいなので良いかも。低い方は無視して。

TOP

New Today's SoundFont 
2005.7/5166