VST-effect

  | | | | | | | | |

Main Today's SoundFont VST Synth VST Effect Free Soft BBS / blog Music Mail

Web拍手


◇ここでは、自分が実際に使った感想を書いています。取り上げているのは全てフリー、あるいは制限が少なく使えるDEMO版です。有料(製品)版は取り上げません。
試聴サウンドは、傾向が解ればよいという感じで安易に作っているので、一つの側面でしかなく、pluginsの性能を全て出しているわけではありません。逆に出音の可能性を狭めているかもしれません。
Effect画像をクリックすると拡大画像になり、もう一度クリックで戻ります。
Convolution Reverbは別ページにて。
一部OSによる起動不可の問題
VSTとは / Wavosaur:波形編集ソフトでVSTが使えます。

-

//  . 

 

smacklabs SL84


(SynthMaker/FlowStone)

smacklabsによる2つ目はEQ。左が高、右が低と逆ですがオリジナル機器の仕様?
なんと言うか、EQのカーブが違うのか、想像していたのとは違い、滑らかで綺麗なサウンドがあります。この感触は良いかも。
高域は16kHzまでのようで、高周波操作はできないけど、通常は十分なので、SlickEQとは違う場面で使えそうです。
(2017年3月12日)

 

smacklabs SL63x


(SynthMaker/FlowStone)

smacklabsという開発元によるコンプ、というか用途はマキシ。上は押え、下は小さな音まで上げますが、全体として潰しではなく、上手くまとまったサウンドです。自分では、あまり使わないけど、部分的な上げとしては重宝する人は多いかも。
FlowStoneに吸収されたらしいSynthMaker、内部には
「Place inside a modulee to make it show in FL SynthMaker. but not in SynthMaker」という記述があり、SynthMakerでは動かなくなっていたWindows2000の環境でも動作したので、別物になっているのかもしれません。
(リンクをvst4free.comにしたのは、wordpressのサイトが古いブラウザでは表示されないので念の為。)
(2017年3月12日)

 

SEGX2

こちらはノーマルなゲートながら、とても良くできたものです。アタックやリリース、そして高域を個別に操作等、使う立場で、ゲートに何を求めているのか理解して作られています。
今までのゲートは、どちらかと言えばブツ切りで、自分が思った加減に合わず、やっぱりやめた、なんて事が多かったのだけど、これだと微妙なニュアンスがノリとして調整できるのです。
シンプルながら常時使うものになりそう。ここは、これ以外にもコンプなど使えるものが多々あります。
(2017年2月18日)

 

SynthTrack

 

ステップゲートなんだけど、ADSRやフィルターが付いた優れもの。久しぶりに良いものに出会えた感じ。
この手のゲートはリズム再構築や、本来リズムトラックではないものを踊らせたり、ちょいとズレを感じるパートで修正したり、役割は様々。だけど、そのちょっとした修正が、こっちの思惑と一致しないのが多かった。このSynthTrackは微妙な調整ができるので(リリースタイムなんて有難いこと)ゲート系では主役になりそう。
(2017年1月5日)

 

Gigaverb

 

これも↓と同じelementsによるもので、過激なGigaverb、普通のGverb。リバーブの質としては、それほど特筆するものはないけど、Gigaverbの、はみ出し方はエフェクト効果として頭に置いて良いかと。

 

Sonic Maximizer/Enhancer

 

マキシマイザーとエンハンサー、ドンシャリ化エフェクトだけど、良くできています。この所作の違いが面白いところ。これをマスターに掛けるというのは考えていないので、トラックごとに何ができるか考えてみると。
まずは高域・低域の質。Maximizer、Enhancerどちらも、キックの音は芯のある太さ、シンバル系は聴感上のツボを良い具合にブーストして、EQでの上げとは一味違ったバランスが掴み易いと思う。
この二つ、両方を試して、どう違うのか認識していくと、トラック作りで役にたつはず。
Enhancerでは、開放的に炸裂し、Maximizerでは、押え込んだ全体の調和、みたいなとこかな。
また、ごく当たり前の使い方だけでなく、小さな音を拡大するように上げ、それをまた小さな音にすると質感が激変するのでElectronicaでの処理で使い方は様々。

 

Roboverb

Windows2000、XPで安定動作。リバーブだけど、ロボットボイスのようなサウンドに特化したもの。チープなショートリバーブだけど質的な安っぽさはなく、なんとなく使えるってな感じ。右側のスイッチは、それぞれのオンオフでサウンドが変わるのだけど、何がどう機能するのか説明も面倒くさかったんだろうねw、適当にやってくださいスイッチ;
先入観なしに、ショートリバーブとしての特徴があるので、持っていて損はないと思います。
メール入力で折り返しダウンロードリンクがくる形式。インストールタイプだけど、その後、単体動作可能。

 

Phazor

こちらもWindows2000で安定動作。基本がしっかりしてるので、音にも現われてきそうな感じがしますね。フェイザーとして分かり易く狙い所が明確なので第一候補の使用頻度になるかもです。

 

Sanford Reverb

ここはWindows2000でも安定動作する。リバーブとしても安定したもので、問題なく使えるもの。
残響成分は、ごく普通で、あまり個性はないかも。Early Reflectionが個性的ではあるけど、これでサウンドが大きく変わるというものでもないし、どちらかと言えば、いらない;;
初期反射よりも減衰をもう少し操作したいところ。

 

DeePanpot

Dotec-Audioという国産のメーカー。パンだけのシンプルエフェクトです。
音量だけでなく、時間差を持たせた変化のようで、ミキサー付属の変化とは違うものになり、使いどころはあると思います。
定位としては、独特な座り具合で面白いかな。

※有料のコンプも試してみたけど、個人的には使わないという感じ。

 

ATKStereoCompressor

ATK(Audio Toolkit plugins)からのSstereo compressorです。コンプとしての操作性も良いけど、ステレオというのが、他の優秀品との差別化でしょう。左右の違いによる微妙なステレオ感で音の動きを操作するなんてのも。

 

La Petite Excite

エキサイターに低域ブーストが付いて、見事なドンシャリ生成が可能ですw
高域倍音を作りボーカル等の音を前に出す、というような記述が多いエキサイターですが、よほど酷い録音でもない限り、多用する事はないと思います。フェーダーが無く、音量調節もできないミキサーを使っているのでなければ、原音の繊細さを壊してしまう可能性がありますから。
EQとの違いですが、うまく調性すれば、そう大きな違いは出ないはずですが、原理的にEQは原音のなかの高域成分を上げるのに対し、エキサイターは、ある決められたポイント(人の聴覚が一番よく反応するポイント)に高域倍音を生成する、という感じかな。
このポイントが大事で、これを如何に調性し、バランスをとるか、というような使い方が上級編でしょうね。
音質を損なわない優秀さがあるので、簡易な微調整という点でも威力を発揮しそうです。

 

A1TriggerGate

下記A1StereoControl と同じAlex Hiltonからステップゲート(トランスゲート)。
およそ考えつく全ての動作を用意したかのような、多機能ステップゲートです。使用OSやDAWの種類まで表示されるのは驚きます。まあ、これはプログラマー視点とでも言うか、作り手の満足感ってやつでしょうけど。多機能である弊害として重いです。
ゲートも動かしながら操作する典型なので、使い手の目線を考慮してもらいたいところ。特に、波形表示は面白いけど、こういったリアルタイム表示は重くなります。左上のExpertボタンで詳細設定ができるようになっているけど、これのオフでリアルタイム表示も消してほしかった。
最新マシンでの動作なら、重さを感じることもないでしょうけど、エフェクトは複数使用していくものなので、軽さは大事です。
ただ、我がWindows2000でも動作し、重いながらもフリーズすることもないので、内部的な基本所作の優秀さを感じます。
さて、中身ですが、上段にステップが2段あって、上はゲイン、下がステップの長さをコントロール。ステップ長はマウスによる順送りですが、右クリックで戻せます。これに加えてADSRの操作もできますが、ポイントをみつけるのは苦労しそう。
原音とのミックスコントロールは意外と使えそう。ディレイが付いてるのも良いです。(左上Expertボタンで表示)
フィルターも付いています。また、マウスオンで下段に説明、と至れり尽くせり。

 

A1StereoControl

ステレオ拡張エフェクト。左右へのワイド感タイプ。
ステレオ化では時間差による左右分けでは定位が崩れ、位相操作によるものはモノラルにした時、打ち消されてしまう等のデメリットがあります。このワイド感タイプは、そういったマイナス要素が無いので無難でもあります。
聴感上では、Binauralによる領域と重なる印象があるので、色々組み合わせて試してみたいところ。
効果としての変化もよく、使い勝手も考えられており、優秀な部類に入ります。
低域の調性が可能なのも有難いところ。
ステレオ化は、音の膨らみによる圧迫感もあるので、より効果的な使い方が望まれます。

 

VST Pecheneg Tremolo v1.0

シンプルなトレモロ効果。ビブラートとの違いは微妙なところだけど、波形の設定やスピードで自在に変化できるので、違いを意識することもないでしょう。
全体が、やや大きめだけど、ツマミの動きは掴みやすく、波形の変化も視覚化されるので、この手のエフェクトとしてはベストの存在かも。
設定によっては、Filterやgateと絡むので、応用範囲は広いと思われます。

 

Synth Buss Lite 1.0.1

Final Mix「Synth Buss Lite」が期間限定で無償配布
2014年12月31日までの限定で、クーポン・コード“ PEACEONEARTH ”を入力、名前とメルアドで登録すると、折り返しメールが来る仕組み。新規ログインなどの必要はなし。
saturation の一種なんだろうけど、高域がキラっとしてくるので、Exciterっぽい。
下段のNone(効果なし)から→Single、Double、Triple、Maxの順、波形(もう一度クリックで消える)はこんな感じで、段々効果が強まるのがわかると思う。
左のDriveはゲイン。右の選択をマイナス効果で弱めるというものではなく、単純な音量でしょう。
ボーカルを圧倒することなく(翻訳)という記述があるのは、キーボード類の輪郭をハッキリさせれば、ゲイン低目でもバランスがとれるだろうという解釈かな。
トラック全体にかけると、デジタル臭さが増し、繊細さを失う場合もありそう。無難にキーボード単体での使用、というとこだけど、パーカッション系も面白いかも。

 

Kotelnikov

Tokyo Dawn Labsの新作はKotelnikov(コテルニコフ)という名のMastering Compressor(dynamics processor)。
エイリアシング・ノイズ等について、マニュアルで語っていて、ああなるほど、と簡単には理解できないけど、TDR Feedback Compressor と実際に聴き比べてみると、ある程度解る。
それは、小さな音、繊細な音が、損なわれない事。これもソースによるだろうけど、高品質なダイナミクスを持つ音源で比較すれば、驚く程、明瞭な質感が聴けるかもしれない。
単なる音圧上げに使うのではなく、より、質の高い音楽(音響)性を制作者に求めているかのような逸品です。
2015,6月20日
TDR Kotelnikov (standard + GE) has been updated to v1.07

 

ndcTrem+ v1.00

2007年だから、かなり古いです。本来は常に新しいものを漁っているのだけど、たまには過去のものを、もう一度見直すというのもよいのではと。必ずしも新しいものが良いものとは限らないし、逆に段々つまらないのが増えてる現状もあります。
シンプルなぶつ切りエフェクトなんだけど、この感触が欲しいってのが常々あるのです。

TESTSOUND(ndcTrem+)

TEST SOUNDは、バーをあれこれ操作しながら録音したもの。固定して使うより、こうやって動かして録音し、感触の良いものを抜き出してワンポイントで使ったり、コピーして連続させるなんてのも面白いかも。

 

Emissary

KVR Developer Challenge 2014
真空管(12AX7/ECC83)アンプシミュレーター。
12AX7とECC83はプリ管、呼び方が違うだけで、同じ規格のもの。右下にボタンで画面が変り、裏側となります。ここでパワーアンプ部の管も選択可能で、切る事もできます。
ボタン並びから説明すると、まずは、Channel((チャンネル)、起動時はCleanで白色、上部にあるスイッチを押すとLeadとなり、赤くなります。
Leadがディストーション部で、ギターに歪みを与える領域。下線で、それぞれの領域に対するEQ操作が確認できます。
スイッチの切り替えで、Clean側かLead側のツマミが切り替わるわけですから、選択していないボタンは当然ながら機能しません。
あまり説明の必要もないでしょうが、上部スイッチ(Bright,Deep,Shape等)で更に効果を上げるようになっています。
Clean Master、Lead Masterは、それぞれの最終ゲイン調整。
また、左下にはINPUTのツマミがありますが、この入力ゲインは、とても大事だそうです。全体の効果に係わるものなので、サウンド全体を決めてしまう事もあり、注意深い調整が必要でしょう。
オーバーサンプリングは、4倍が最良の妥協であると言っています。
Leadでは一気にサウンドが変化してしまいますが、CleanではEQとして汎用の使い方もできます。本物の真空管はバラつきもあるし、ギターアンプにドラムトラックを入れるなんて、実際はないでしょうけど、PCでのデジタルシミュでは音の変化の旨味があり、色々使えます。

 

Bien Ver.0.91 (stand-alone)

VSTではなく、スタンドアロンなのですが、エフェクト類として、ここで紹介するのが適切かと。
発表は数年前、もっと早く知っていればなあと思いました;;
サイトの名前にもなっている、立体音響化ツールです。バイノーラルは、効果としての曖昧さ(音楽製作において)がありますが、このBienは、より明確に立体音響というものを示した優れものと思われます。
今までのVST-Binauralとは違い、一つの定位を示すのではなく、時間変化による効果が特徴となっています。
ただし、今までのVST-effectで覚えた操作とは違い、多少の馴れは必要。なので、操作の基本を少し書きます。

■「方位」、Binauralの基本ですが、ここでの操作は、360度のPAN操作と思ってください。デフォルトでは正面となっていて、マウスクリックでポイントを作り、それをドラッグして位置を決めます。把握しておく必要があるのは、左右に前後がプラスされる事。
上へ移動させると、中心から左へPANしていきますが、ある個所から後ろ側になり、一番上のポイントが真後ろになること。
つまり、一番上と一番下は、つながっている、というのを理解してください。
実際に、一番上にセットすると、次のポイントとして一番下が自動で追加されます。この手のグラフでは急角度で音が変化するような”見た目”ですが、連続しているものなので、これを理解するのが最初ですね。

■「高度」、音の上下、これは、そのまま理解でき、操作も同様です。

■「距離」、単純に音量のようです。ルームシミュのような残響効果ではないです。これは、あまり使う事はないかな。

■「立体」、これが覚えておかなくてはいけない項目。なにを意味するのかというと、立体=Bienの効果、つまり、原音と効果音の関係。
デフォルトの100が、このソフトの効果100%で、下へポイントを移動させると、原音になる、というものです。
立体という名前で、更なる立体化と勘違いしそうですが、元の音に戻す過程の変化のために使います。

「音源拡散角度」、「CH分離角度」は、音の変化として、とても興味深いものがあるので、音楽製作用としては、実際に試して使い分けるのが良いでしょう。
立体音響の基本は、ある意味、フィルタリングのようなもので、高域の音の違い(耳たぶに遮られる)によって生まれます。従って、籠った(濁った)音へと変化します。音楽製作では、立体音響の面白さ、というより、空間配置処理としての重要さがあるわけで、その辺を踏まえて音作りをする必要があるでしょう。
操作後の立体音響は、保存できますが、この時、音量バーの位置で書き込まれるので、適切な設定をしてから保存します。
対応しているWAVは、16bit−44.1kHzのみ、DAWで24bit−48kHzの場合、ちょいと面倒;;
TEST SOUND↓は、DAWからwav(44.1kHz,16bit)書き出し→3D化→Wavosaurで48kHZへ戻す→DAWへ再度読み込み→MIXという手順。通常定位、全面定位(HDPHX)に対してBinauralがよく効いていると思います。

 

Amplio 2

Amplioが2になって、GUIも一新、(3 band equalizer)、(harmonics exciter)、(saturation)、(spatialization enhancer)、(Reverb)、(Gate) 、という複合エフェクト。
なのですが、構造的に一度モノラルにしてしまうので、それを頭に入れておく必要があります。STEREO WIDTHを操作して元のステレオに近くなりますが、完全に、ではありません。左右の音はミックスされてしまいます。
それぞれのツマミを操作して、原音のステレオに戻す事ができません。つまり、原音としてのステレオ空間から調整するというようなものではなく、一端、ごっちゃに混ぜてしまい、ここでの空間処理をスタートとする場合に効果的となります。
もともと、ドラムパターンを強化するために設計された、という記述があるので、そういう使い方に限られますが、ゲート等、構造的に興味深いものがあるので、挙動を把握することで威力を発揮するかもしれません。

   

Freeverb3VST VST Plugins set

 

複数のリバーブとImpulse Responsesが使えるリバーブが同胞。
中域の質感が良く、ドラム系の鳴りも良い感じです。パラメーター操作で、かなり残響の質が変わるけど、特定部分だけでなく、全体としての質の良さがあります。
Reverbは、どちらかと言えば、ツマミを操作する頻度は少なく、ドライ/ウェットの量だけだったりするけど、このReverbは、あれこれ設定を変えて試してみる価値がありそう。(Freeverb3VST_Hibiki_Reverbなど)
Freeverb3VST_Impulser2(Impulse Responses)は、私の環境では、フリーで使えるのがSIRだけだったので、比較も兼ねて試していきたいです。

何故こんなに、いくつものReverbがあるのかというと、IRでの初期反射モデル・アルゴリズムを個別に特定して作っているようです。
・Freeverb3VST STRev では、レキシコンリバーブで使用されているものと類似のアルゴリズムだそうで、Lexiconといえば、スタジオの定番、知ってる人は、お!って反応するはずです。
・Freeverb3VST Hibiki Reverb は、パラメーターも多く、かなり自由度の高いもので、質感も良いし、一番使いそうな感じ。
WindCompressorというようなのもあって興味深いところですが、個別トラックに使うと遅延が出ます。

   

Maxwell Smart


(SynthMaker) 

limiter / maximizer 簡易形式ながら、なかなか優れた挙動を持ちます。
エフェクトでの動作把握は、グライコなら、バーの位置によって把握できるし、リバーブやエコーは聴感上ではっきり認識できます。しかし、最も、その動作が見えにくいのが、コンプ/リミッターの類。ある瞬間だけでなく、曲全体における時間という横軸にも係わってくるので、尚更掴み辛いわけです。
また、微細なコンプ調整の失敗などは、それすら気づかない場合が多々あったりします。
だから、音作りの基準も人それぞれだったりするし、興味深いネタも多いのですね。
しかし、実際の曲作りの現場では、煩わしい事も多いのです。限りなく少ない動作で、今、判断を即決したいということ。それに答えてくれそうなのが、このエフェクターとなります。
潰しはやらず、ノーマルな質感を残し、ギリギリ音圧を上げ、弱音を上げる加減も聴感的に解り易いものがあり、使い勝手が良いと言えます。

 

Spectral Autopan

 

引き続きAnarchySoundSoftwareからSpectral Autopan。
左側に表示されているグラフは、横がPAN、縦が帯域です。右にある項目の数値を変えることで変化します。
帯域ごとにPAN設定ができるだけでなく、それを上下左右に揺らすことができます。
それぞれの項目別に速度変化させたり、PANの幅を変えたりできるので、効果は大きいです。
今まで、誰もこんなものを考えなかったですよねえ。
Anarchy Effectsからは、二つを紹介しましたが、他のものもユニークなものです。

 

Corkscrew

 

AnarchySoundSoftwareには、Anarchy Effectsというのがあって複数のエフェクトが入っています。
Convoluter、Corkscrew、Harmonic Adder、Length Separator、Spectral Autopan。
どれもが興味深いもので、サウンドの変化という点で特筆するものがあります。単純なLFO的なものじゃなくて、質感が、ガラリと変わるのですが、これが旨味のある音なのです。
例えば、質の悪いドラムサンプルなんかでも、これを通してしまえば、別音源になります。
音程のあるものは、注意だけど、使い方次第でしょう。

 

Anarchy Rhythms

 

不思議なシンセSwarmSynthの開発元AnarchySoundSoftwareのVST-effectです。
これは音源内から抽出した部分を元に新たなリズムを作ってしまうという斬新なもの。これ凄いかも。
特定のポイントを強調したりもできるし、音の無い個所に、音を作ってしまうこともできます。
それぞれの音色加工もできるので、新たに音を加えることなく目的のリズムが作れたりで、リズムのノリを考える場合に重宝します。
操作性も良好です。

 

SlickEQ

 

Variety of Sound、vladg/sound、Tokyo Dawn Labsの共同プロジェクト。フリーの中では頭抜けた存在の人達が組んだのだから、何か言わないわけにはいかないと;
期待通りの精密な音とキレ。色々と使えますね。VOSとしては、久々にWindows2000でも動いた事になるし。
64bit版も含まれて喜んでる人も多いでしょう。
Variety of Soundは最終仕上げがSynthMakerだったわけで、この唯一の欠点が消えた事も大きい。以前のものも全て、この形式で出してくれると有難いのだけど。
一つ気になるのは、AUTO GAINをONにした時、ちょいと音が膨らむ(AUTO機能で、そうなるのだろうね)。通常はオフで、GAIN調整は手動の方が良いかも。(数値の上でマウスを動かすと音量変化となる)
最強のFree VST-effectであることに間違いはなく、今後も楽しみです。(2014-5-3_version 1.0.1)

 

NadIR

 

TPA-1等、ここでは絶賛してるIgnite Ampsからアンプの新作。
なんとIR(Impulse Response)のアンプです。ただ、サンプルのwavが付属してるわけでもないので、未知数。
試しにReverbのIRを入れてみると、一応、音は鳴りますがゲインが、かなり低め。
効果としては、いかにもギターアンプという音にもなるし、面白いかもね。

 

TNT


(SynthMaker) 

Distortion/Saturation。操作次第で派手なDistortionから、微妙なsaturation まで、かなり良い感じで実用的です。
やはり特徴は高低のレベルでしょうか。質感の変化で、ドラムを硬質にしたり、重心を低くしたり等々。
Zero latencyと謳っているのも良いですね。
多くのVST同様にShiftで微調整、Control Keyで元に戻ります。

 

Virtue

コンプです。優秀品が多いコンプですが、更に一つ加わるようです。
まだマニュアルもなく、試しに音出しして様子を見る感じですが、なかなか。

詳しくは、マニュアル出てから、またそのうち。
(v 1.0.2)


 

Luftikus

Analog modeled EQ、シンプルな5バンドのEQですが、しっかりした優れものです。
不思議なんだけど、音の旨味があります。EQでの上げ下げは、あれこれ使っていると予想がつくもので、高域を上げればキンキンし、下げればモヤっとした音になる、というような。
だけど、このEQで、そうはならないのですね。高域上げは鋭く、下げても音の芯は残っていて好感触。
それぞれの帯域で、かなりの幅があって変化は大きいのだけど、汚れないのです。
作り手が解っていると、こういう優れものが生み出されるのですね。
それはデザインにも現われていて、好みで言うと、黒か灰色のモノトーンかなあと思っていたのだけど、色が付いた配置は、感覚的にとても使いやすく、ノブの微細な動きも良い感じ。
一番右の特定帯域のブーストも、使い手には便利。

 

OCS - Obsessive Compulsive Saturation


(SynthMaker)

Saturation、中でやっているのは、コンプ・リミッターと同じで、まあ、音上げな訳です。
テープシミュのような、こだわりのあるものより効果が解り易く、汚れる事なく、質の良い音が作れます。
A、B、のモデルは真空管とトランジスタらしいですが、そう大きな変化はなし。適当に好みでというところ。

一見、何にかけても、そこそこの音圧になり、良いことばかり、とは思わないでほしいもの。
というのも、キックに掛ければ何も問題ないけど、例えば、ハイハットだけのトラックに掛けてギリギリの音圧にしたらどうなるか。ひどい音になりますよね。更に例えれば、人間の聴覚で聞えるもの全てが最大音圧だったら?、生きていけませんわね。
音というものには、微細な性質がとても大事なケースが多々あるということです。
音圧が上がり、音が前に出てくることを全て良しとする判断基準は初級レベル、それを踏まえたうえで、効果的に使いたいものです。

 

TPA-1 Custom tube poweramp

ABクラス真空管パワーアンプのデジタルエミュレーション。
以前、「AXP SoftAmp 3OD」というのがありましたけど、これは、それ以上かも。
この手の音の成り立ちを変えるみたいなのは、とても気になります。AXPがディスプレイの解像度に依存して使えない事もあり、よけいにわくわくしてしまいます。
えー、前以って言いますが、これを通せば真空管アンプの音になるという単純なものではないです。
真空管アンプの回路をデジタルで再現する過程で、ギターアンプですが汎用的に使えるものです。
音の質感変化は、とても微妙なもので、一番の変化はEQのような音の高低変化を強く感じるでしょうけど、EQとは明らかに違う次元です。
それぞれのツマミを説明してみます。
GUIは2つに別れています。右端の矢印のような>>をクリックすると画像下の画面に切り替わります。
最初の画面、初期はモノラルですが、Mono / Stereoのスイッチでステレオに設定できます。
Depth:low shelving filter、Presence:high shelving filter
この二つはトーンコントロール的なものですが、次画面のFeedbackと関係して、Feedbackがゼロだと変化しません。
このツマミを動かして、音の変化を感じられない場合は、ヘッドフォンの性能か、自身の耳を疑ってください(笑)それぐらい微妙な変化です。
Resonance:、高域強調のように感じるでしょう。詳しいことはマニュアルを参照してください。
Sagging:、回路内でのたるみ、これが音色に滑らかで自然な圧縮を加える、というものらしいです。この変化、ちょいと興味深いですよ。
Bias:音量の違いを感じるけど、真空管の違いをバイアス調整するもの。TUBES(真空管の種類)の切り替えで再調整。
オーバーサンプリングは3種類。
以前にも書いたけど、PCでの音は同系になりがちなので、こういうもので色々探っていきたいところ。

 

Crosstalk v2

アナログ機器では、複数チャンネル間での音洩れみたいなものが生じるのだけど、Crosstalk は、それを指すものです。
デジタルでは無いわけで、それなら、その音洩れを作ってしまおう、というのがこれ。
なんというか、アナログへの愛着って、いろんな場面で支持されるのですねえ。
これが必要になる事って、まず無いでしょうけど、音作りの世界は奥が深いので、覚えておいても損はないかと。

モードが二つあって、プロ用機器をシミュレートしたProfessionalと、同、一般用のConsumer。
Professionalでは、殆ど変化はありません。なんらかの足跡を残したいならConsumerモードでしょう。
波形画像は、左右チャンネルを別々にフェードイン・アウトしたもの。下の画像は、Consumerモードを数回(分かり易くするため)繰り返したものです。この波形を見ると一目瞭然で、左右の音洩れがはっきり解ります。洩れるのは主に高域成分です。

 

 

Lisp (Level-Independent Sibilance Processor)

DeEsser(ディエッサー)です。ボーカルのサ行で鳴る歯擦音を低減するもの。
マイクすらない環境なので、ボーカルでの具合を試すことはできないのですが、サ行の歯擦音ってのは、人種も性別も選ばず同じ周波数帯なので、ピンポイント的に狙えるのでしょうね。通常のドラム類にかけて、ハイ落ちになる事も少ないので、効果は良さそうです。
びみょーなフィルター効果なんてのも面白いかも。

 

IVGI - saturation & distortion

saturationとdistortion、ようするに、汚し系というコンセプトで、どう捉えてよいのか迷いました。
というのも、デジタル特有の汚れ音に旨味はないのです。とすれば狙いは汚れる寸前ということでsaturation効果。
聴感上では微妙でも、実際に波形をみると、かなり変化しています。ソースによって度合が変わってくるかもですね。
ThrillseekerVBLのようなアナログ的な感覚より、デジタルで強引に潰す方向でしょうか。

 

ThrillseekerVBL -- Vintage Broadcast Limiter

varietyofsoundの新作はリミッターですが、Limiter No.6のようなものとは別物。
"1950年代初期からの古典的な可変Muの設計原則に従う"、というようにアナログビンテージ物の再現。
アナログ的な大味感は狙い通りでしょうか。音に対する巧みさは相変らずです。
実際のアナログ機器とは違い、PC(デジタル)での処理は、明確な計算処理でもあり、予想以上にサウンドを壊す可能性も大きいと思われます。実質的にはリミッターというよりコンプに近く、設定によっては波打つような音のウネリが生じたりもするので、ノブの動きによるサウンドの変化に注意が必要です。それを狙った音作りもありでしょうが、単に音圧上げに使うものではないですね。
大味という言い方をしたけど、音作りのポイントは、いつものように繊細です。

 

Virtual Studio

リンク先をみてびっくり。ヘッドフォンメーカーのBeyerdynamicです。私の愛機DT831のメーカーでもあります。このページでBeyerdynamicの名が出るとは思ってもいなかったので驚きました。
そのヘッドフォンメーカーが作るVST-effectとなれば、当然のごとく、ヘッドフォンでの音場に関するもので、スピーカー再生をヘッドフォンで、というものです。
実は、この手のものって、大昔からあります。それこそ、オーディオの歴史の中に登場するぐらい;
VST-effectでも、あれこれありますね。バイノーラルと言えば、音が自分の周りをグルグル回る、どちらかと言えば、後方定位に気持ちがいってしまいますが、前面に定位する事もバイノーラルの技です。そういった関係で、いくつか出てはいるわけです。
しかしながら、一種のリバーブ系で音を操るので、どうしても独特な質感となり、正直いって、良い音とはなりません。
このVirtual Studioも、その範囲であることに変りありません。そういう事を了解したうえで、効果としてのスピーカー音場に、いかに近づくかという事が評価の対象となります。
実際に試してみた結果は、かなり良好です。今までに聞いた、どのエフェクターよりもリアルな音です。で、それを表現しているのは、オーディオには適さない反射の多い室内ってことで、まあ、うるさい音だけど、これは、スピーカーのように聴きたいというより、この特徴を音作りのエフェクターとして考えると、かなり使えるんじゃないかと思います。
うーん、Beyerdynamicさん、良いものを作ってくれました。

 

Clip Shifter

クリッパー(clipper)です。コンプ等でよく見かける、このクリッパーという言葉、簡単に言うと、指定したラインの上部を切り取るもの。
それが効果として、どういうものなのか、音楽製作の上で、どんな必要性があるのかが大事なところ。
実際に、このエフェクトを通して録音した波形を見ると、上段の波形がclipperオン(A)、途中からオフ(B)というもの。
このA,Bは0dBでノーマライズしたものですが、(B)の波形がもつ先端により、これが限度となっています。しかし、TEST SOUNDを聴けば解るように、あまり音の変化はありません。Bの音が、より大きいとは感じられないはずです。

次に、Aの部分だけを0dBノーマライズしたのが、(C)の波形です。

TESTSOUND(A+B)

TESTSOUND(C)


(C)では音量も大きくなっています。clipperによって波形を切り取る事の効果の一つです。
トラックにおいて、瞬間的に0dBに達する音が発生していたら、それを刈り取れば、他の全体が大きくなるのですね。
で、問題なのは、その位置になります。必要以上に多くの部分を刈り取れば、嫌なノイズとなります。
そして、このノイズを敢えて作りたい、という場合もあるでしょう。
Clip Shifterは、波形が表示され、どこからクリップされるのか分かり、とても便利なものです。CPUの負荷は高くなってしまいますが。

 

AIRCITER v1.0


(SynthEdit)

高域成分を追加するものです。Exciterのような処理というより、EQでの高域上げと同等。とりわけ旨味のある高域というわけではないのですが、シンプル構造なのと、SENDがあるというのがみそ。SENDに組み込んでおけば、それぞれのトラックで高域調整ができるので、便利かもしれません。
ただ、こういった高域を上げるエフェクターは使い方に注意が必要です。高域がよく出る=良い音という感覚に惑わされ、オフにして元に戻した時、籠ったような高域不足に感じてしまいがちです。その点を踏まえてセンド使用なら全体のバランスもとりやすいでしょう。

 

TDR Feedback Compressor II

 

TDR(Tokyo Dawn Records)、Feedback CompressorのIIが登場しました。
最初のコンプは、アップデートを重ね、徐々に納得させられてきたわけだけど、このIIによって、更にコンプとしての特徴を示したと言えそうです。
ノブを操作した時の明確な音の変化は、曖昧さを許さない優れた設計を感じます。その変化は、音としての旨味に対してだけあるのではなく、デジタルでの変化による音、全てに対して起るわけで、どんなに優れたコンプでも注意が必要ですが、この明快さは一度覚えてしまうと、記憶に残りそうです。
Ver:TDR Feedback Compressor II beta 3 (1,168KB 1月10日)
Ver:TDR Feedback Compressor II beta 5 (3,508KB 2月 9日)
Ver:TDR Feedback Compressor II Latest version: 2.0.0 (3,708KB / 2013.4月10日)

一番上がオリジナル波形、次がb1、下がb5、サイズは3倍になっていますが、波形を見る限り、大きな変化はなく、修正の範囲というべきでしょう。

 

 

 

TB ReelBus

 

Tone boosters.com(旧JB)は、数あるフリーのなかでも、優秀さにおいて別格扱いの一つ。全てのプラグインのアップデートに伴い新機種の登場です。
作者がアナログテープデッキを購入し、その特性を検証しながら作られたもので、アナログ風味を付けるというレベルではないですね。
従って、このプラグインを通す事で大きくサウンドが変わる事はありません。なんとなく今風かもね;
しかし、どんなに音響学的な裏づけがあっても、実際に効果としての見返りがなければ、裸の王様と同じです。
まず一番解り易いのはテープヒス。高域のシューっていうノイズはテープサウンドにおいて欠点でしかなかったもので、あくまで感覚的なテープサウンドのシミュレーション効果を確認する程度のものでしょう。
問題はSaturation効果、テープシミュを扱う上で必要なのは、その潰し。そして、高域の減衰。テープに録音された音は、必ず高域が減少します。ダビングを繰り返せば、どんどん高域は落ちていきモヤモヤした音になっていきます。(余談ですが、ドルビーは、このノイズ低減で会社を大きくしていった)
単純に高域が減少して悪い音になる、という解釈だけではなく、高域の暴れを、この効果で押える事がアナログサウンドの特性と関係している、そんな判断で使うべきでしょう。
どうすれば自分が望む音を得られるか、それは、やりすぎたら汚い音になる事を知った上で、微妙な調整も可能となります。
コンプやフィルターを使おうと思った時、このテープシミュを使ったらどうなるか、そして、その違いはどうなのかと、そんな繊細な聴感覚を育てていくのも大事だと思います。

 

PitchedDelay

 

「KVR Developer Challenge 2012」。奇を衒ったものは何もありません、普通にDelayなんですが、ポイントが明確なんですね。
どういう効果が得られるのか、それをどう操作するのか、そして視覚的な認識、そういう総合的なものが明確であるという事です。
上段の表示で、ディレイのポイントが把握でき、ゲインも一発で分かります。直接これをクリックし、更に下段のバーで微調整も可能と、使う立場では文句ない仕様となっています。
こうなると、ディレイのポイントも何分の何というより、時間単位で細かくセットし、微妙なノリを得るのが良さそうです。

TESTSOUND

 

Dust Bucket

 

「KVR Developer Challenge 2012」。Dust Equalizer やAbstract Chamber を出しているSignaldustのエントリー。
今さらコーラスで驚くこともないだろうに、この音と質感の良さはなんだと思ったら、Signaldustという事で納得。やっぱここは注目です。
何が違うのでしょうねえ。聴感上では、高域での透明感、それから、コーラスって、音をフラつかせるものだけど、音の粒子はフラつかない、みたいな安定感。
プリセットを試してるだけでも使えるものがあります。

 

PTEq-1a

 

「KVR Developer Challenge 2012」から。これはパラEQですが、ビンテージのPULTEC EQモデル。
元は真空管パラEQの名機という事で多くの類似品、プラグインが出ているようです。(これ)ツマミの構成が独特ですが、これがオリジナルの形なのでしょう。
単に名機を真似たプラグインなら、取り上げる事もないのですが、これは、なかなか良くできています。とにかく出てくる音に感心しました。今回のChallenge品でも最初にピンときたのがこれでした。
操作の形としては、Boost(増幅) 、Atten(アッテネーション=減衰)があり、Boostを上げると低域が上がる、これは普通ですが、Attenを上げると減衰する、というのが今までのVST-effectとは違うところでしょう。わりと、この形って使いやすいです。周波数の切り替えもあり、馴れてしまえば操作性は良い感じです。
パラEQは、どちらかと言えば、サウンド変化の大きな目的で使いそうですが、このEQは微調整的なサウンドの補正が似合いそう。
如何に自分の求める音の旨味に到達するか、ですが、それに答えてくれる質感が、このPTEq-1aの優れたところだと思います。
※修正版が出てます1.0.2 

 

AXP SoftAmp 3OD

 

「KVR Developer Challenge 2012」から。今年は55のエントリー、Windows2000では半数以上が動きませんでしたが、収穫はありました。
総じての感想は、全開覇者varietyofsoundの影響なのか、出音効果としての大きさより、コンセプトの重要さみたいなところかな。
最初に取り上げるのは、アンプシミュレーター。ギター用アンプなのでしょうが、汎用的に使えると思われます。
ゲイン(マウス左クリック)とレベル(同、右クリック)以外は小さなスイッチの切り替えのみ。これが、真空管の種類、電圧、コンデンサと、いかにもシミュレーションという感じ。
アンプのシミュレーションですから、サウンド的に大きな変化というのではないけど、これを通したwavを波形編集ソフトでみると、かなり変化があるのが解ります。低域の音圧、中高域のタイト感など、レベル設定で、あれこれ調整できます。
こういった、音に対して、どこまでこだわるか、みたいなところが良いです。というのも、なにせ、PCでの音作り。どんなに音作りをしても、所詮、そのPC+オーディオボード等が持つ性質に左右されます。一定の手順でやれば似た傾向の音ばかりになる事があるわけです。一度外部のアンプを通せば、音の傾向は変りますが、そんな面倒な事をして音の劣化ばかり大きくなるより、こんなアンプシミュが重宝するのです。
※修正版が出てます1.0.5
ver1.0.5:-- 2012/12/20/23:42) 1,222KB(サイズは変わらず)
※後に、ディスプレイの解像度が32bitでないと正常に表示されない事がわかりました。音楽用PCとしては16bitが望ましいので、使用やめました。

 

TAL-Chorus-LX

 

TALのコーラスです。Junoに付いていたコーラスの単体エフェクト。(Characteristics of the Juno-60 chorus.)
とてもシンプルですが、これで良いのです。シンセに掛けるコーラスですから、用途は音をフッと浮き上がらせる事、モノシンセの音をステレオ化するようなもんですね。通常のコーラスだと、よけいなフラツキが出たりして設定が面倒なので、これは多用しそうです。TEST SOUNDはノーマル音からコーラスへの変化。

TESTSOUND

 

Tila2 - room reverb

 

こちらはルームシミュレーター。ルームサイズが平方メートル表示というのがグっときます。
部屋鳴りのショートリバーブ系って、あまり使いたくないのが多いのですが、これは、かなり良い感じの響きがあります。
何もない状態でヘッドフォンで聞く音が、頭の真ん中で定位する場合、これをかけると残響成分が前方になり、空間配置的にも使えると思います。初期値はセンドモードになっているので、右端のモードで切り替えます。
ver:(2012/9/13/3:48) 884KB (旧706KB)

TESTSOUND

原音に続いて、原音+残響、後半は、原音に続いて、残響のみ。

 

Abstract Chamber

 

Signaldustサイトにも、いくつかあったので紹介。
まずはReverb、なかなか良い感じで、元気のある残響。クセもなく幅広く使えるものです。
Omniverbを、やや明るくしたような感じですが、似た響きがあり、Omniverbが手に入らない今は(2012年10月再配布されるようになりました)、それに変わるものになりそう。
初期設定がセンドモードなので残響だけになっていて、アウトは残響成分のみ。右上の切り替えで、元の音と残響の合成になり、アウトは、その割合に変化。
ver:(2012/9/11/18:35) 912KB (旧494KB)

 

Dust Equalizer (free channel eq)

 

SignaldustというDeveloperから出たEQ。本家のリンクには、まだ無いようで、KVRフォーラムからです。また一つ優秀なDeveloperの登場でしょうか。
パラEQの形態ですが、今までの、どのEQとも効きが違います。高域は20kHz以上までありますし、とても繊細な音の領域を変えるかのような感触があります。全帯域を操作して音を変形させるというのではなく、マスター的に音の微調整をする感じです。ツマミの動作幅も良好で、微細な調整というのは何なのかをよく理解している人は、ちょっと触ればピンとくるでしょう。
4つの領域で、Low、High、Low Mid、High Mid、MidにはWidthもあり。左には簡易的なフィルター、これは逆に、大味に変化させたい場合。
マスター的に、といっても、自分はマスターでEQを使うことはなく、というより、マスターでEQを使ってはいけないと思っているので、個別トラックでの使用になりますが、それぞれのトラックが持つ帯域特性を考慮して、重宝するものになりそうです。

 

discoDSP NightShine

 

discoDSPが10周年を記念し、2002年に$30だったNightShine(コンプ)をGUIを新たにし、なんとフリーで出してきました。
10年前のものが、どれほどだったのか分かりませんが、コンプとしての動作は小気味良く、簡易的な見た目を裏切る優れたものです。
派手に潰すという大雑把なものではなく、軽く〜深くまで質感の良いサウンドが得られます。
10周年で、つまらない物を出してはイメージダウンになってしまいますからね。さすが、というところです。
簡易保護的なリミッターやオート設定等があるので、使いやすさもあります。

 

StereoChannel - Stereo Gain Staging/Balance VST

最近、メーター類が色々アップされています。規格や精度以前に、これをどこまで頼りにするかの問題も作り手にはあります。私の場合は、あんまり使いません;
自分の耳に頼る方が安全、と言ってしまうとそれで終わってしまうので、メーター類について。
で、これはVUメーターですが、メーター類には、ピークメーターや最近のラウドネスメーター等があります。それぞれ、どう違うのかを簡単に説明すると、VUは、針の応答が300msと、わりとゆったりと動くのに対し、ピークメーターは、瞬間の大きな音等に対応する10msの高速動作。これらは電気信号の計測なのですが、同じような針の揺れでも聴感上では音量に差が出たりもするわけです。その辺に対処するかのように聴感上での変化を優先するようなのがラウドネスメーターという感じでしょうか。
次世代の音量測定基準としてsteinbergから出た、SLM 128 ラウドネスメータープラグインなんてのもありました。
VST3なんてウチでは動かないので、どんなもんかわかりませんが;
で、このメーターですが、針の動きも微細で、なかなか良くできています。メーターだけでなく、音量やMS、PAN等も操作できるので、何かと便利なものでしょう。

 

WARMultipress

3バンドの純正品マルチコンプです。メール登録後にDL可能となります。普通のコンプとして「COMPrime」というのが出ていますが、動作も普通、デザインは良いですが、Molotを押しのけて使うほどにはならないでしょう。でも、シンプルな動作で良くできています。
使いたいのは、こちらの3バンドコンプ。まず、左側にある3つのスイッチを点灯させることでONになります。動作はCOMPrimeとは違って、それぞれの帯域に特化してコンプをかけます。みごとに帯域内でコンプがかかり、なんとなく全体の音量変化という事にはなりません。そのため、ちょいと起動して様子をみる程度だと、3バンドEQのような変化しか感じられないかもしれません。
中域だけに絞って、ノブを動かしてみると、その変化の感じが掴み易いです。
それぞれの帯域に絞ってコンプがかかるので、COMPrimeのように、いかにもコンプかかってるなあという変化とは違います。で、3つの帯域で同じ設定でやれば普通のコンプの動作になる、というのではない事に注意。
どういう場面で、このコンプが使えるかというのは、色々と動作を確認して、使い込んでいくと解ってくる、そういうタイプかもしれません。

 

Clipper module prototype

Molotのvladgsoundでは、Molotや Limiter6を開発する課程で多くのテストプログラム(このページ以外にもあり)を作っています。GUIなしの小さなものですが、もちろんVSTとして安定動作しますし、Limiter6の内部部品の一部と思えば興味わきません?。興味ある人は色々探ってみるとよいのでは。
そんな中の一つがこれで、単品としても優れたものなのです。
Limiter6は、より複雑であるが故に、単体で、ある意味、作者の意図とは違っても能動的に利用できるものは使い込んでみたい気がします。
このserpclip3.dllは、音上げしても低域の濁り感が好みでした。

 

kingtao-Analog Compressor v1.1.0

kingtaoのコンプ。コンプは何度か書いているけど、ある意味、必要悪。使い方によっては、ダイナミックレンジを狭め、空気感を損ね、元の質感を失う事にもなりかねません。最近の優秀コンプは、そんなマイナス効果を避け、如何に目的の音を導き出すかという点で優秀なわけです。
一方で、そんな繊細さより、大味でも、音を整列させてサウンド全体の一つとしての効果を求める事もあります。それは必ずしも出来の悪いコンプの使い方ではなく、使う側の目的でしかないのですが、このコンプの掛り具合からみて、潰し効果としての優秀さがあります。
目一杯潰すのではなく、その加減が、なかなか良い感じなのです。レシオ、アタック、リリースなどを固定して、その後、スレショルドを動かしてみると、必要な潰し加減が解り易いです。同じコンプでもLimiter6とは別な視点になりますが、ドラムトラック等では使い勝手の良いコンプになると思います。

 

kingtao-Tape Echo v1.2.b

kingtaoは、フランスの開発者で、このディレイとコンプを出しています。KVRのforumで、あまり評判が良くなかったディレイですが、その後、改良されたのでしょうか、これがなかなか良いのです。
Filterが付いているのですが、ハイパスだけ。これが絶妙で、ローパスだと籠った音が散乱するだけなので不用なのですが、ハイパスでローをカットした音は、ディレイとして後を引きずる上で、面白い(Interesting)効果があります。で、左のスピードツマミがポイントで、これをグリグリやると、瞬時に変化するので、音の粒子がディレイとして散乱します。思いがけない効果にハマリそうです。

 

The Pilgrim

Arctican Audioは、Windows, Mac, Linux, in either AU or VST format.とマルチプラットフォームで作られています。これから先、色々と作られるのでしょうか、期待してしまいます。
これは、純正品のFilter。ハイ・ローの組み合わせです。両方使えるものもありますが、これは、どちらかを選択する一方通行型。左のツマミで選びます。効きは良く、ハイ・ロー共にキレのある変化です。
最近、Filterとして使う、お気に入りはelysiaなのですが、それとは違った使い方になります。というのは、右側のツマミ、wet/dryなのですが、これで微妙な調整ができます。Filterは質感を探る手だてでもあるので、こういったシンプルな調整方は良いです。
この他に、「The Function」というPanとGainのみの、これまたシンプル構造のエフェクトがあります。DAWには、もちろんミキサーが付いていて音量調整もパンもできるわけですが、オートで記録している場合、安易に変更したくない時もあります。一時的に音量やパンの変化をして様子見をしたい時には、これが役に立ちます。

 

The MuVerb

MU.LABのMuVerbがリニューアル。ノブが3つ程増えて、GUIが変りました。
動作は安定しているし、設定による変化も的確で、よくできたReverbだと思います。どちらかと言えば、大きな残響、綺麗な減衰、というよりルーム系が良いかな。ホールなどの設定では、広がりも他と比べると箱鳴り的。それより、中程度の部屋ぐらいで、あれこれ設定すると、このReverbの良さがでそう。
TESTSOUNDでは、最初がMuVerb、次がMVerbOSx16(Oversampling版)、最後がOmniverb。

TESTSOUND

 

TDR_Feedback_Compressor


初期タイプ

v1

tokyodawn.net というサイトからフリーのコンプ。
GUIのデザインも良いし、コンプとしての動作も問題ないのですが、何故かサウンドが気に入らず、一度パスしました。
デジタル動作的なものを強く感じてしまい、これで良いという領域に落ち着かないのです。好みかもしれないけど。
Deltaというボタンがあり、これはコンプによる圧縮のみを音として取り出すもので、これが使えるのです。コンプではなくて、ゲート系として;
※などと、ひねくれた使い方をしている間、アップデートを重ね、今回(2012年9月)v1となり、再度、試してみたら、良い感じになっていました。一変したというものでもなく、内部的に調整されたというべきでしょうね。当初のマイナスイメージはなく、的確な動作を感じる良質なコンプになったと思います。

 

Blue Cat's Freeware Pack II

Blue Cat'sのフリーパックがアップデート。WindowsMEでは動かなかったので、今回初めての登場。
製品版デベロッパーによるフリーもの、同系のエフェクト類という事で、MeldaProductionと比較してしまいます。個人的な感想としてはMeldaProductionを使う事が多くなりそうです。音の質感として腰があるし、中域のハリ、低域の締り等、表層仕上げの旨味みたいなものを感じるので。
それに対しBlue Cat'sは、やや線が細く、サラっとした印象。音の質感までは変りません。で、それが良い場合も多々あるので、比較してどちらが上というものでもありませんね。
画像はEQ、左右対象に設定できるのが特徴。他にFlanger、Phaser、Chorus等あります。
インストールタイプで、指定VSTの場所を探してくれないので、使っているDAWのVSTフォルダを手動で設定します。

 

Limiter6(alpha)

またちょいと凄いものが現われてきました。純正品でRMS-compressor, peak limiter, high-frequency limiter, oversampled clipper、というコンプリミッターの複合エフェクトです。
この簡素なGUIで侮ってはいけません。とても高機能なものです。あのロシア製コンプ”Molot”の作者によるものと言えば分かるでしょう。
Molotは、特定音色、トラックに対する能動的な変化でアクションを起こすもの(私の場合)に対して、こちらはマスター的な意味合いで、全ての要素をコントロールするようなもの。
GUIは、暫定で、後にMolotのようなミリタリースタイルになるそうで、それも楽しみですね。
この高機能さは、ある意味、とても敷居が高いかもしれません。自分が何を求めているのか、それを、どう設定すれば良いのかが難しいということにもなります。マニュアルにも、これは簡易に0 dBにしてくれるものではなく、手動設定による必要がある、と書かれています。
高機能さゆえでしょうけど28 msの遅延があります。この遅延を最少にするのは、左上にステレオ/モノの表示がありますが、そのすぐ右の何もない場所をクリックするとRealtimeという表示がでます。が、若干の遅れは出ます。
さて、中身に対して少々。それぞれのノブを動かすと、機能した(効果が表れる)とき、黄色い表示が出るので解り易いです。効果は精密で、聴感上ではよく解らないかもしれませんが、一度wavにして波形をみると一目瞭然。それぞれの機能がよく現われています。
コンプは使いやすいもので、設定とサウンドの変化が把握しやすく、ねじ伏せるような圧迫ではなくマスターとして良好。それに対して、リミッターは少々難しいものがあり、設定によっては歪みが出ます。勿論、これはマイナス要素ではなく、高機能さのためなのですが、簡易に上限を押えてほしいという安易さはないので注意。特にModeはSoftよりもMultibandを選択した方が無難。
コンプリミッターでは、他のものも含め、一度設定したらwavに書き出し、波形編集ソフトで波形を確認し、再度、設定を見直すという繰り返しを行うことで設定を把握していきます。

※2012年5月16日、beta版の完成には至らず、alpha版ということですが、アップデートされました。GUIは色がついた程度のもので、最終的には、このページ下にあるようなリアルな版になるのでしょう。日本語版GUIなんてのもありますが、好みで選択できるとよいですねえ。
さて、問題だった遅れですが、解消されました。Realtimeモードにすると遅れは全くでません。これで、どういうケースにおいても使えるものとなりました。

※2012年6月23日、完成バージョンが出ました。詳細はblogに書いたのでこちら
遅れに関しては、正式に【Fix.latency:通常】と【Min.latency:遅れを最小限にする】というモードができましたが、トータルマスターとして使用する場合、製作時にはMin.latency、最終的に落す時だけ、Fix.latencyになると思われます。
注意したいのは、DAWの仕様にもよるかもしれませんが、VSTシンセをMIDIからオーディオトラックへ録音する時、Limiter No.6を通過するので、この時はLimiter No.6をオフにする必要があります。でないと、2度かけになるし、Fix.latencyにしていれば当然遅れが出ます。

 

Expresso


(SynthMaker)

特別なモジュールもない、ごく普通のSynthMaker製、Distortionという事ですが、なかなか良い感じで歪んでくれます。
Voxengo Boogex やCRUNCKほどギターアンプっぽくなく、歪み系としてシンセやキック等にも使えそう。

 

DtBlkFx

v1.1というのが出ていて、といっても2008年ですから古いものですが、Windows2000で使えるようになったので新たに紹介します。
以前のはMEでも動いたので、それを使っていたのだけど、プリセットも増えて、全体的に加工できる幅も広くなったようです。
殆ど話題になる事も少ないDtBlkFxですが、これ、凄いものなんです。高速フーリエ変換(FFT)に基づくVSTで、サウンドが再構成されるかの如く、原音を一変させます。
つまり、貧弱な原音でも、周波数帯域で作り直されるようなもんで、旨味のある質感を探すことができるのです。
詳細なManualが付いているので、一度、日本語マニュアルを作ったのだけど、結局それを見ても、理解の助けにはならないだろうと、アップするのを止めました;音響的な説明と、曲作りの法則は違うから。
どういう音を作るかという明確な指標がなくても、あれこれ操作して、というので良いのではないかと。
パーカッション的な素材を変化させるのに、よく使っています。Electronica系の音に興味があるなら必須エフェクト一つでしょう。

 

OldSkoolVerb

voxengoから純正のReverb。中高域成分がクリアで輪郭のはっきりした音が特徴でしょうか。
OUTの設定では、Dry Gainを絞ってもDry音は出ているので、センドで使う場合はDry Muteを押してください。
セッティングで色も変えられます。
色々試した感じでは、当初の印象とは、ちと違って、どちらかというと、あまり深いリバーブではなく、ノーマルな設定が良さそう。
比較も兼ねて、MVerbと並べて表示しました。
TESTSOUNDでは、OldSkoolVerbの中高域の明快さがあります。深い残響では、これ以上深くすると中域のカブリノイズみたいなのが出てくるので、あまり深い使い方は注意が必要です。あれこれ設定していても、ノイズ的な要素が出てきてしまいます。
MVerbは、繊細さと深みのある残響がとても良い感じです。

ノーマル

深い残響

OldSkoolVerb

MVerb

 

MVerbMVerb(rekkerd.org)

純正リバーブ。2種類あって、画像上がGUI付(389KB)のもの、下のGUIなし(993KB)はOversampling(MVerbOSx16)によるもので、さすがにサイズは倍以上ですが、それでも900KB台という小ささ。(サイズは小さくてもCPU負荷はあります)
名前のMVerbは、MuVerb とか、Mo' Verbと間違えやすいですねえ;
質感は、とてもナチュラルなものでクセの無い響き。それぞれのツマミで的確に変化してくれるので、残響の性質も掴みやすいです。原音を選ばず使いやすいところがあると思います。
リバーブは、ある程度固定した設定で、センドのつまみ調整だけという場合が多いのですが、このリバーブは、デフォの固定でも良し、あれこれツマミ調整しても変化が出てきます。また、深いリバーブでの響きの良さがあります。
うまくサウンドを馴染ませてくれるところがあり、最近使う事が多いです。

2012年9月現在、サイト消滅、上記リンクのrekkerd.orgは作者の許可を得てまとめたもの。oversampling版はなし。
wusik.comから、このMVerbをベースに作られたものがフリーで出ています。(Reverb units (based on Martin Eastwood's original MVerb))
色々と工夫された機能追加があり、良い出来です。GUI有り無し両方があり、オリジナル版も含まれています。ただし、残念ながらOversampling(MVerbOSx16)版はありません;、これが一番良いのだけどね。

 

DC1A

純正のコンプ簡易版。取り上げるかどうか迷ったのは、一つの設定に固定されていること。製品版のお試しで、こうなったのでしょう。
イン・アウトのつまみしかありませんが、このボリュームを動かした変化をみても、質の良さは伺えます。
固定ポイントでの動作、どんなものかというと、大きな音は目一杯潰し、小さな音は、それ以上に持ち上げます;普通のコンプとしては使えないです。だけど、この仕様、憶え易いし、こういう動作が必要な場面がないとは限りません。単体プリセットと思えば、それなりの価値はあるかと。
ドラムのループトラック等、1小節ぐらいの範囲で、やや元気が足りないという場合、音量平均化でゲインを上げるとsaturation効果も出て思わぬ良さがあるかもしれません。

 

MStereoExpander

これもまた一味違いますねえ。ステレオ空間処理というと、TB OmniSoneもありましたが、左右に空間を広げるイメージ。それと同じとは思えないのです。今まで使ったどのエフェクトとも違います。ヘルプ以外マニュアルもないので、原理よりも聴感上での推測。
まず、単音のドラムとかのステレオトラックに掛けても大きな変化は感じません。Filterノブで、それらしき帯域の位相変化は解りますが、Delayは、遅れとして感じるほどものでもないし。
違いを感じるのは、個別トラックではなく、マスターとして全体に掛けた時、聴感上での感覚は、左右に広げるのではなく、奥へ広げるという感じ。あらかじめReverb等が掛かった音が奥へ、そうでなければ、あまり変化はない、というようなもの。
残響成分は、トラック全体の質感を決めたりするのですが、そういったものの変化を感じました。
Filterは、押えるというより、拡張するようなところもあるので、ボヤけた空間処理のトラックをキラっとさせたいなんてのに良いのかもしれません。 

 

MRingModulator

Ring Modulatorは、音程を破戒しますし、Ringという特性上、同系の音となり、他のエフェクトのような汎用性はないです。
実際のところ、Ring Modulatorを通すと汚い音になるだけで、あまり使うことはありませんでした。このMRingModulator、そういう範囲では、かなりRing的な変化をします。今までのフリーRing Modulatorとの比較ではベストと言えるでしょう。

MRingModulator

 

MPhaser/MFlanger

PhaserとFlanger(画像はMPhaser)。似た者同士の二つですが、MeldaProductionでは似て非なるもので、独特な音が出てきます。
Flangerは、どちらかと言えば派手なお祭り常態になりがちですが、何とも気持ちよい音がでてきて驚きます。Jetなんてツマミがあって思わずニンマリしてしまいました。これは使うだろうなあ;
では、Phaserは、ちと押えたものかなと、と、これがまた凄い、今までのPhaserの感覚とはまるで違います。両方に共通しているのですが、サウンドが緻密。Phaserでは、ザラついたドラムサウンドが、なんだかヤスリでもかけたように滑らかでタイトな質感になります。
Phaserとしての機能という以前に、この質感に驚きます。

MPhaser

MFlanger

MPhaserは、最初の2小節が元、後にMPhaser。右のMFlangerは、最初からエフェクトON。Jetサウンドをちょいと派手にしたもの。
Phaser系は、そこそこのものでも納得したと思うけど、予想以上の良さでした。

 

MAutopan/MVibrato/MTremolo

画像は代表してMAutopanですが、MVibrato、MTremolo、この3つは似た系統なので一緒に。
想像はしてたけど、やはり、倍音による変化が可能で、複雑な動きが可能です。オートパンはよくお世話になるのですが、以前のものはモノラルになってから左右への移動となるのに対し、これは、ステレオのまま動きが可能なので、これを使う事が多くなりそうです。
この3つ、言葉通りのものとしてだけでなく、MeldaProduction特有の広範囲な変化を生かして、意外な使い方も可能です。ものすごく高速でエフェクトをかけ、シュルシュル系で質感そのものを変えたり、ドラム系での意外な面白さもあります。
また、音の揺らぎ等の変化は、Electronica系では重宝するかもしれません。エフェクトを作る側の発想の柔軟さは、音楽を作る側でも、柔軟な発想ができるはずです。
↓MAutopanは、SYNCさせてキックとスネアを振り分けたもの。MVibratoは、本来ドラムに使うべきではないでしょうが、敢えてこんな感じにもなるという一例。

MAutopan

MVibrato

 

 

MEqualizer



MeldaProductionは、どれも普通じゃないですね、勿論、良い意味で。何が出来るかという視点の明確さがあります。これだけできてフリー、有料版は更に高機能という仕様も好感触です。
さて、EQもグラフ表示で視認の良さと、音作りの明快さで優れたものとなっています。グラフ上のメニューにAnalyzerといのがあり、これをクリックするとスペアナ表示になります。なかなか便利。Analyzerの設定も変えられるので、色を変えたりという細かな設定も好みでできます。
EQのポイントは、通常一つが表示されていますが、別な個所でWクリックすると複数のポイントとなり、もう一度ポイントの上でクリックすることで消すこともできます。このポイント上で右クリックすれば、更にメニューが出てHarmonics等様々な設定が可能となります。
EQは、操作を憶えて、何をどう操作したら、どんな音になるかを把握することがとても大事です。実際の音作りでは、瞬時に求める音を作ることで作業高率が変わってきます。 曲作りのアイデアを失わないという意味でもね。
グラEQとの差別化ですが、圧倒的に少ないクリック数で音の変化が得られるし、それをそのままズラしていける等、役割分担ができると思われます。
MEqualizerは、あれこれ複雑な機能がありますが、基本操作を憶えるだけで十分役にたってくれます。

 

MWaveShaper



MWaveShaperは、何をするものか、なんとなく、その名からイメージはわくでしょうし、操作してみれば音の変化も大きいので、あ、そういうもんか、で終わってしまうかもしれません。 だけど、もうちょっと高機能なのです。
VST-effectというのは、デジタル処理とはいえ、出てくる音に対して何らかの加工をする課程なのですが、このMWaveShaperは、wavの波形に対して加工します。出てくる音は、その処理の結果ということになりますね。
波形を見れば一目瞭然なので、画像を見てください。

一番上が元の波形、左上の枠がMWaveShaperの画面です。
次が、MWaveShaperのグラフで上に持ち上げた結果、下が逆に下げた結果です。
そう頻繁に、こういう処理が必要になることはないでしょうけど、もしやろうとすればノーマライズのような処理しかありません。それを微細な調整でできるので、憶えておいて良いのではと思います。
微細なというのは、MWaveShaper上で右クリックするとProperties画面が出る(左画像の下段)ので、変更する波形のポイントを増やしたり、カーブを変えたりというのが可能です。

Helixのようなシンセでは、こういった波形ファイルを読み込んで使う事ができるので、様々に変形させたものを使用することができます。その場合は、Wavosaurで波形を読み込み、MWaveShaperを使ってやるのが便利です。

 

MLimiter

リミッターとして、どこまで使えるのか検証してみたのですが、どうも一筋縄にはいかないようで。指定したThresholdを超えたら歪音量を押える、という挙動が見えてこないのです。
で、色々試した結果、これ、リミッターではなくて、saturationですわ;;広義なリミッター解釈というのでしょうか。リミッターという言葉に悩まされてしまいました。まあ、異論もあるでしょうがsaturationならHarmonicsがあるのも理解できるしねえ。
そう考えると、インストール後、MLimiterが「Distortion」というフォルダに入っていたのも納得。Harmonicsの設定など、他にはないものなので、面白そうです。 

 

MCompressor

MeldaProductionのフリーは、MAutoPitchだけしか見てなかったので、今回のアップデートに伴いいくつかピックアップしていきます。
デザインが一新され、以前のスライドバー方式から丸いノブに変って使いやすくなりましたが、これはSettingsで、元のスライド式に戻すことも可能。
まずはコンプから。
コンプって、とにかくサウンドを大きく変化させます。EQのように、その個所の変化を把握するのと違い、思わぬ所でバランスを崩すこともあり得るので、MIX全体へかける時は気を使います。
ドラムだけみたいな、能動的に変化を求める上でも、グラフ表示があると便利です。どの程度潰しているのか一目瞭然ですから。
それぞれのツマミはコンプ特有のものですが、あまり見かけないものにRMS(Root Mean Square)lengthというのがあります。これは簡単に言えば、ピークではなく、平均的な値みたいなもの、その範囲長を設定します。この長さをある程度長く(右回し)すると、潰しに絶えますが、ピーク(左回し)にすると、ブツブツの汚い音になる場合もあるので注意です。
コンプとしては、とても優秀なもので、グラフ表示の変化でTHRESHOLDやRATIOの理解も助けられますから、改めて、コンプが本当に必要かどうかの判断も含めて、試してみると良いかと思われます。
※色々設定しながら音出ししていて、DAWでストップを押すとゲインがゼロに戻ってしまうことが起きました。再起動、再設定で直ったのだけど何だろう?ちょいと不安が残ります。

記載されているMeldaProductionのフリーは全てv7.04、2012年のものです。実は、これ以降のバージョンアップでは、個人的にですが、制約も増えて、使い勝手も悪いので、v7.04に戻してしまいました。

 

TB OmniSone

Toneboosters(以前のJB)から、スピーカーでの空間処理エフェクト。
同様なものにヘッドフォン用のTB IsoneSurroundというのがありましたが、それのスピーカー版でしょうか。 IsoneSurroundは、なかなか良い効果が出るのですが、DAWで読み込めなかったり、Wavosaurで読み込めても、wav書き込み処理でフリーズしてしまうなど、制作用としては使えないものでした。(私の環境では)なので、期待はしないで試してみたのですが、読み込みも、wav書き込みも可能でした。
さて、効果のほどは、ですが、操作としては、@とAの印が位置、上下は音の高低、印の数字が大きいものがワイドというようです。操作はそれだけで、微妙な設定はできません。
左右の位置は、スピーカー部分から広がるほど、音も広がるのですが、それはエフェクト音として中域の膨らみが出ます。悪く言えば、原音を損ね、輪郭がぼやけるということにもなるので、過信は禁物ですね。
もちろん、それを解った上で音作りをすれば良いわけですが。全体にかけてワイド・ドンシャリにならないように注意です。

 

SplineEQ

製品版は60バンドEQ、無料版は4バンドでデータ保存も不可ですが、それ以外は同等に使えます。
上下幅の切れ込み鋭いEQで、さすがに売り物として作られただけのことはあります。
4バンドという制限もパラEQのようなスライドが可能なので不便さは感じません。帯域を左右にズラすだけでなく、上下調整もできるので、何かと便利です。
色がちょいと煩く思えますが、サウンドで変化するので、馴れると目安になるかもしれません。右下のツマミで色の調整ができるも良いです。
と、良いことばかりではなく、この手のEQの宿命なんでしょうかねえ、遅れがでます。Delay調整のツマミがありますが、更に遅れるだけで、ゼロにしても他のトラックとジャストにはなりません。全体としてのマスターにかければ問題ないですが、個別トラックに使うときは注意です。

※2012年3月6日現在、v1.0.6のアップデートで、大きな遅れは解消しましたが、まだ若干の遅れはあり。

明らかにリズムの乱れになってしまう大きな遅れは解消したものの、若干の遅れが出るのはリズムのノリに影響してくる事もあり、一応、遅れは頭に入れておいた方がよいでしょう。
左の画像を見る通りですが、別トラックへの録音によるもので、上はエフェクトなし、下がSplineEQを通した時です。聴感上は解らない遅れですが、波形ソフトで見ると、これだけ遅れています。DAWやPCの性能にもよるでしょうが、他のEQで遅れは出ないので、SplineEQでの負荷とみています。

※2012年4月11日、v1.0.7、遅れは、解消されました。
※2012年5月9日、v1.0.8、25%の最適化。
※2012年5月15日、v 1.0.9

 

Argotlunar 2

Realtime Granulator という名前が付いていて、GranulatorというVSTもありましたが、直訳すると造粒機。
ある範囲を切り取って、散乱させるようなものでしょうか。その課程でDelayや音の高低変化、Filter等が絡んでいくというものです。
PAD系にするか、あるいはリズム的な変化を出すか、決まった使い方より、発想の柔軟さが面白いものを生むかもしれません。

 

Sir Elliot 11-Band Equaliser Series II


(SynthMaker)

Sir Elliot11バンドGEQがIIに。旧作はダウンロードページから外されているので、この位置で再紹介。
心配した遅れもなく、調整しやすい11バンドのGEQ、やや、マウス幅を要しますが微細な動きとして良好、というものでしたが、今回はそれにOVERTONESというものが加わりました。80Hz〜3kHzのバー下部にボタンとして追加されています。
さて、これが如何なるものか、動画が用意されていますが、英語だし、正確なところは何だかよくわからないというのが本音。
なので、推測まじりですが、Overtoneという言葉からも倍音と関係ありそう。ボタンをONにすると倍音成分が付加されるという感じでしょうか。
動画の様子からも、そんな感じです。
エキサイターの原理と似てるのかも。Cymbalsの音で試してみると、ONでギラっとする変化があります。
ちょいとショボイ音にメリハリ付けたいとか、能動的に元気な音へ変化させたい時に使えそうかも。

 

J-Scope VST Oscilloscope

 

スペアナは、周波数分布で音の高低を見ますが、オシロは音の波形と、その時間変化を見ます。 どちらも見るだけのもので、音を加工するわけではないので、必要かどうかは人それぞれ。
スペアナに関しては、結局殆ど使うこともなかったのですが、オシロは初だし、なかなか良くできていて、見ていて楽しいです。
視覚に頼って音作りをするのは性に合わないけど、曲によって、どんな動きになっているのか認識しておくのも悪くないかなと。

 

FREE 3-Band Baxandall EQ

シンプルな3バンドEQ。音圧のあるドラムトラックに使うと、何と言うか、低中高と上下してみて、ああ成る程なと終わるはずなのに、帯域だけでなく、音の圧力まで加減しているような不思議な旨みを感じるのは気のせいかしら。
トータルなマスターに使うと、様々な帯域の音が緩やかに変化し、ヘタれたり痩せたりしない幅があります。
同じ3バンドでもSonEQとは違う感触です。 

 

 

Vento


(SynthMaker)

4 voices chorus/ensamble、と名前が付いていますが、鳴らしてみるとPhaserという感じ。
Phaser、Chorus、Flangerというのは兄弟みたいなもんで、これも厳密な定義はどうでもよくて、要はサウンドの必要性。
Phaserは、シュワーっというジェットサウンドが基本で、アニマルズのスカイパイロットのようなドラムが欲しい時が多々あるのだけど、なかなか、この単純なものより複雑な変化になってしまうのが多くて諦めていました。このVentoは、それが簡単に得られます。
多機能というより、ワンポイントで。

TEST SOUND

 

Fnequalizer

偶然、似たような形状ですが、こちらはEQ。FilterとEQ、どう違うか定義しないと気がすまない人以外は、あまり考えず、操作して、ああなるほどと思えば、それで良いと思います。
自分としては、サウンドの質感をFilterで操作、サウンドそのものの変化をEQってなところでしょうか。そういう意味で、このEQはFilter的なのです。
良い意味でのクセ者で、高域でのポイント変化に旨みがあります。それに対して低域は、柔らかい変化。
カーブの角度を鋭角的にするか、丸めるかという操作はないようで、その前後を拡大縮小するような機能があります。また、全体の伸び縮みを操作するなど、なかなか面白いです。
スキンがいくつか用意されていますが、自分で変更もできるので、好みに変えられるのも良いところです。
※その後、使用中、幾度かフリーズ、低スペックでは他のエフェクトと多重使用は難しいみたいです。

 

EngineersFilter

同サイトにはEasyQというEQもありますが、こちらはFilter。様々なラインがセットされており、特殊な加工も可能ですが、ローパスとしての質感はとても良い感じで、安易にぼかすだけでなく、高域の暴れを防ぐFilterとしてはベストの一つになりそうです。

 

 

ValhallaFreqEcho

単なるディレイではなく、ピッチシフト、フィルターとの組み合わせで、独特な味付けとなります。ディレイは浅めで二度打ち的なのが効果的。
パーカッション等で使えるのではと。ピッチシフトの歪みも良い感じです。
あれこれ説明するより、動画を見たほうが早いのでこれを。

 

rf Destroyer


(SynthMaker)

multi-effect で、中身は、Gate、Overdrive、BitCrusher、Distortion、Pre Filter、Master Filter、EQ、Flanger、Chorus、Compressor-Limiter、Tempo-synced Delays、Reverbと多彩なエフェクトが並びます。
それぞれのエフェクトは、ごく平凡なもので、狭い領域に押し込まれた分、使い易いとは言えません。コンプは大雑把だし、EQも微調整には程遠い操作性、リバーブは使えるかはギリギリ、フィルターも大味。
つまり、これらの一つだけを使うなら、価値はなく、複合的に数種類のエフェクターの組み合わせで存在価値があるとなります。
もちろん、数種類だって個別に起動することもできるけど、それらの組み合わせを1画面操作でき、尚且つ保存しておける意味があるのですね。
ゲート絡みで思い切った変化をする場合など、ディレイも左右+センターと個別指定もできるので、リズムの再構成などでは面白い使い方ができそうです。

 

bx_cleansweep V2

Hi-Pass and Lo-Pass filter 、一つのバーで、どちらも操作でき、瞬時に求める音を探せます。同様のものもありましたが、GUIでの線形変化がとても良い感じです。質感も良いですが、微細なフィルター感覚というより、思い切った変化で使う場合が多いかもしれません。

   

 

| | | | | | | | | | |

Main | Today's Sound Font | Pro Tools Free | 海外の音楽サイト | VST-synth | VST-effect | Free Soft | Sound-Edit | BBS | Blog | Music | Pass | Column